2014年02月13日

映画「黄昏(1981)」に関して & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 169 $の勝ち

よし!!スポーツの秋やし、
運動を始めることにしましょうかね。。゙(ノ><)ノ ヒィ

何が僕に適してるかな?(・・;)
運動と言えば普通歩行ですかね
儂に限っては( ̄ー ̄; ヒヤリ

しかし、独りだと継続できる自信がありませんヤレヤレ┐(´ー`)┌ (┐´ー) ┐(   )┌ (ー`┌) ┐(´ー`)┌ヤレヤレ
誰か一緒にやってくれる仲間緩墓(^ー^* )フフ♪

◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

近頃映画にぞっこんラブなので映画のレビューをご紹介したいと思います!!('-'*)フフ

え!?お前の紹介文は?
なんてツッコミはスルーヽ(‘ ∇‘ )ノ ワーイ


今日は「黄昏(1981)」の感想を紹介したいと思っています[壁]^▽^)キャッキャッキャッ


この映画の製作年は1981年です!!!!

監督はマーク・ライデルで、脚本がアーネスト・トンプソンです!v(´  ・   ω   ・  `)vピースピース♪

この映画でメインで出てくる人はヘンリー・フォンダ (ノーマン)とキャサリン・ヘプバーン (エセル)です!!!( ̄~ ̄;) ウーン

この映画の出ている人列挙するとヘンリー・フォンダ (ノーマン)、キャサリン・ヘプバーン (エセル)、ジェーン・フォンダ (チェルシー)、ダブニー・コールマン (歯科医ビル)、ダグラス・マッケオン (ビリー・レイ)ってな感じ('ー') フフ

良い映画の教科書という感じの作品。



本当に美しかった。



映像美もストーリーも。



ヘンリー・フォンダの遺作と思うとさらに

泣ける。



この作品が娘との仲が元に戻った証拠で

あると信じたいです。

年を重ね味のある演技を最後に残してくれたヘンリー・フォンダ、

そしてその傍らに立つ役をこなしたキャサリン・ヘプバーンといい、

素晴らしかった。





◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

麻雀の役って一杯ありますよね~o(・∇・o)(o・∇・)o ヤッタ!
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!!
という事で、今回は小三元を説明したいと思います(*'∇')ウフフフフ


小三元そのものは2翻役である。

ただし、刻子(こうつ)にした2種類の三元牌による2翻が必ずセットで付帯するから、
実質的には4翻役です。麻雀の解説本・指南本の中には、
小三元が付く時には2種類の三元牌(さんげんはい)の2翻を数えず、
小三元という役を4翻としている際もあるヽ(= ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄=)ノ


実質4翻は、役満を除く通常役としては混老頭と並んでチンイツに次ぐ高いハン数である。

そのため、混一色(コンイツ)や対々和(といといほう)と組み合わせて、
跳満や倍満のあがりになりますことも少なくない。

ただし、派手な副露で目立つことも多いため、出現頻度はそれほど高くない。


3種類全てを刻子(こうつ)とした時は大三元となります。

最初から小三元を狙ってホーラすることは少なく、
高目大三元の双?待ちになった所から、安目の牌で小三元としてホーラってしまう時か、
同じく大三元を狙って三元牌の2種を刻子にしたものの
残りの1種が先に2枚切られてしまい、残る1種の地獄待ちでアガリする場合が殆どです│出口│ヽ(^ ∇^* )ツ....... バイバーイ♪


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


------------------------------------------------------

小三元(出現割合:0.15%)
こちらも混老頭と同じで、満貫が約束されている役。
ただ小三元の特性はやはり警戒されること。白と中でポンをした場合、なかなか發は出てこない。しかしパオ(責任払い)が存在しないDORA麻雀ではトップを取りにラスが捨てるケースも考えられなくは無い。喰い下がりなら、せめて混一色を入れながら色を特定されるのは避けたいところだ。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じの説明です。(´-`) ンー


今晩はこの辺で
しっかし今日はお腹が痛いなあ
温かくして寝~よおっとオ(*゚o゚*)ヤ(*^0^*)ス(*゚▽゚*)ミィ(゚-^*)ノ""マタネ♪

DORA麻雀のプレイ日記




おすすめ記事




posted by DORA麻雀 at 17:25| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ドラ麻雀の場代について & 映画「ウィッカーマン(2006)」の感想

一昨日、健康診断の結果が返ってきましたびゃははは (≧ω≦)b

その診断結果は・・・
どこも異常無し(*^ー^)/▼☆▼ヽ(^ー^*) チン♪

ふー、問題が無くて本当に良かった
ここんとこ、ボウリングを週3日してる成果ですかな?( `.∀´)イヒッ(旭化成風)

明日からも続けよう ̄m ̄ ふふ

---------------------------

ここの所映画にハマりまくっているのでお勧め映画の感想をご紹介させて頂きたいと考えています!!☆d(o⌒∇⌒o)b ★イエーイ★ d(o⌒∇⌒o)b☆

え!?自分の紹介文ではないの??
という突っ込みは華麗にスルーしますv(・_・) ブイッ


今日は「ウィッカーマン(2006)」の感想について紹介しようかと思っています!!( ⌒▽⌒)( ⌒▽)(  ⌒)(   )(⌒  )(▽⌒ ) ニヤニヤ


この映画が作られた年は2006年です

監督はニール・ラビュートで、脚本がニール・ラビュートとアンソニー・シェーファーです(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

この映画のメインは何と言っても!!!エドワード演じるニコラス・ケイジです。( ̄ω ̄;)エートォ...

取り敢えず、この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
ニコラス・ケイジ (エドワード)、エレン・バースティン (シスター・サマーアイル)、フランセス・コンロイ (ドクター・モス)、モリー・パーカー (シスター・ローズ/シスター・ソーン)、リーリー・ソビエスキー (シスター・ハニー)ってな感じぎゃははははは _(T-T)ノ彡☆ばんばん!

あの、自然に溢れた美しい家々の孤島に

住みたい、女性ばかりというのもなんか良いと思ってしまって、

ケイジさんが迷惑な乱入者に見えました。



(殺人宗教は嫌ですが。



)警察からアサインされた訳でもないのに

、警察気取ってあんたなんなの!?って村の人と同意で

す。



でも元婚約者が美しいので、カッコつけたい気も分る。





途中でグルだと分ったし全然怖くなかったで

す。



でも、最後は驚きました。



まさか焼けちゃうとは。





---------------------------

フリー雀荘のみでなく,
麻雀をできるところであればなんでも
お金が必要ですよね(;´Д`)× ダァメ!ダァメ!
収益が無ければ土地代や費用を運営者が払うことができませんヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)ノ

稼ぎを得る方法は遊技者から得るか?外部から広告費として得るか??の2通りです(・_・o)ン? (o・_・)ン? (o・_・o)ン?

DORA麻雀は結局どちらから得ているのでしょうか?
そう、ドラ麻雀は場代から収入を得ています。

一般的な雀荘と同じですね( ^∇^)キャキャキャ

無料のオンラインゲームとは利潤の得方が異なるわけです('▽'*)ニパッ♪


DORA麻雀のやり方

ゲーム代は一回のプレーの舞台を段取りしたことによる歩合です。

これによりドラ麻雀は利益を得ているのですびゃははは (≧ω≦)b

では、

それでは、ドラ麻雀は?と言う話ですねσ(゚・゚*)ンート・・・
おれはドラ麻雀の場代は安いレートでは安いですが、、
ヤバイ額のレートでは結構高いですC= C= C= C= \( ;・_・)/ テェヘンダーテェヘンダー
因みに、場代はマイナスになった時払わなくていいです
ゲーム代は勝った額の10パーセントです。
ということで勝った方しか払わなくていいんですね。

今から数時間後にはついに友だちとの麻雀だよ♪
早く来ないかな\(^_^)/ばんざーい..(/_^)/なしよっ

DORA麻雀とは




おすすめ記事




posted by DORA麻雀 at 10:15| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

映画「スター・トレック (2009)」について & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 181 $の負け

今日のズームイン!!SUPERでは大吉?扱いだったから、
今日は新しいことに挑むべきか。。
ここのところ、英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬けを買おうかと思ってるんですよ♪☆キャハハ o(≧▽≦o)o(≧▽≦)o(o≧▽≦)o キャハハ☆♪
新しいことってゲームかよって話ですが・・・
余暇って生活の重要な要素です()( )( ) (  ̄) (  ̄ー) ( ̄ー ̄) ズンズンズンズン...
共感??
いりませんヾ(▽⌒*)キャハハハo(__)ノ彡_☆バンバン!!

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

映画って本当に面白いですよね~
・・・という訳で映画の感想を紹介したいと考えています!!!d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ
ってyahooレビューに載ってる感想ですが(^_-)vブイブイッ


今回は「スター・トレック (2009)」の感想を紹介しようかと思っています。(o_ _)ノ彡☆ギャハハ!! バンバン!


この映画の製作年は2009年です!

監督はJ・J・エイブラムスで、脚本がロベルト・オーチーとアレックス・カーツマン〔脚本〕です(⌒▽⌒)アハハ!

この映画の主役はクリス・パイン (ジェームズ・T・カーク)やザカリー・クイント (スポック)です。(?(。_。).。o0O??

この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
クリス・パイン (ジェームズ・T・カーク)、ザカリー・クイント (スポック)、レナード・ニモイ (未来のスポック)、エリック・バナ (ネロ)、ブルース・グリーンウッド (クリストファー・パイク)、カール・アーバン (ボーンズ)、ゾーイ・サルダナ (ニョタ・ウフーラ)、サイモン・ペッグ (スコッティ)、ジョン・チョー (ヒカル・スールー)、アントン・イェルチン (パーヴェル・チェコフ)ってな感じパチ☆"(p´Д`q)""(´pq`)"☆パチパチッ

これは自分のツボにぴったりハマった。



あまりに面白かったので家族に強制上映会。



映画のクライマックス部分のようなオープニングに

始まって、その勢いのまま、一気に

エンディングまで映画の世界に引き込まれた。





展開の上手さと緊張と緩和のバランスが

絶妙で、見終わったあとの高揚感が

心地よい。



劇中何度か鳥肌も立って完全にしてやられた感じ。



CGのクオリティーも秀逸で、嘘くささを

感じさないリアリティのある世界が

描かれていて素晴らしかった。



久々にSFものでエンタテイメント性たっぷりの満足いく作品に

出会えた。





◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

麻雀の役って一杯ありますよね~。ヶヶヶ!Ψ(`∀´Ψ)( `∀)( `)( )(´ )(∀´ )(Ψ`∀´)Ψヶヶヶ!
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。
という事で、今回は清一色を説明したいと思います。_( ゚Д゚)ノ彡☆ギャノヽノヽノヽノヽ!! ノヾンノヾン!!


役満を除く通常役の中では最高翻数の役であり、完成させれば大きな得点が見込める。

副露しても確実にマンガンになり、門前なら最低でも跳満になるんです。

ドラや平和(ピンフ)や一気通貫などが複合して倍満以上になるんですことも多く、
広い待ちになっていれば立直を打つことも充分に考えられる。

その場合、手役に裏ドラが加わって三倍満、あるいは数え役満まで届く可能性もあるのです。

得点力の高さに加え、複雑なテンパイ形になりやすいのも特徴の一つですね。

特に門前(メンゼン)の際は、パッと見ただけでは何待ちか分からないような牌姿になりますこともあり、
多面張や手変わりを瞬際に把握する力が要求される。


実戦では、メンチン一向聴になった場合点で次に何を引けば何待ちになるんですのか、何が有効牌かなど、ある程度予測してテンパイに備えるのが望ましい。

確率的には、チンイツになる牌の組み合わせは(同種の牌を別に数えて)
約4.5億通りで、役満の四暗刻(すーあんこ)(21億通り)や國士舞双(コクシ)(13億通り)と比較しても、
メンチンは役満並みに難度が高いと言えるΣΣ┗(|||`□´|||;;)┛ガーン!!

実際、配牌と自摸と展開に恵珍しいなければメンゼンでのホーラは難しく、
スピードを重視して鳴いて和了に向かうことも多い。

1翻食い下がってしまうものの、状況を見て鳴きを入れ、
より優秀な最終形に持って行くことができれば、アガリの可能性はぐっと高まる。

牌姿の美しさ、多面張の華麗さからメンゼンにこだわる打ち手も少なくないが、
鳴いても充分高い手なので、鳴きどころの牌や急所の牌は迷わず鳴いてしまったほうが良い。

1つ2つ副露したとしても、牌の寄り次第では両面以上の形になるんですし、
そうなれば多少警戒されたとしても自摸アガリを期待できます(* ̄m ̄)プッ

ただし、鳴ける牌をなんでもかんでも鳴いたり、序盤から慌てて真ん中の牌をポンしたりすると、
中盤以降苦しい形のまま膠着してしまうこともあるのです(゚o゚;) ハッ

スピードを重視することと鳴き急ぐことは他のので、
チンイツの仕掛けどころには注意が必要です。


なお、枚数の足りないところから強引に仕掛ける清一色(チンイツ)は、無理があることから「ムリチン」と呼ばれるヾ(゚、゚*)ネェネェ


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


DORA麻雀 登録方法

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


------------------------------------------------------

清一色(出現割合:0.94%)
「ロン!」と言われて全て同じ色なら頭の中が真っ白になるぐらい麻雀の中で圧倒的な破壊力を持つ役。喰い下がり五飜もドラや一気通貫ですぐにハネ満まで見える。
もちろん、局を終わらせるぐらいの火力を持つのだからその勝負手は危険牌をどんどん切る覚悟も必要になる。テンパイならもちろん勝負だが、イーシャンテン、リャンシャンテンなら少し迷うところだ。
------------------------------------------------------

・・・とこんな感じ/(@゚ペ@)ウーン


本日はこの辺で!
けど今日は目が痛いなあ
腹を冷やさないようにして寝ます。おやすみ~。オ(´┏o┓`)ヤ(´┏0┓`)ス(´┏・┓`)ミ(´┏ω┓`)/

DORA麻雀のルールの重要性




おすすめ記事




posted by DORA麻雀 at 02:30| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。