2014年02月28日

DORA麻雀の役「三色同刻」 & 映画「蟲師」のレビュー

今日のおみくじタマゴでは良い運勢でしたから、
今日は新しいことに挑むべきか。。
最近、ダンスを習慣にしてみようかと考えてるんですよね(*'∇')ウフフフフ
しかしながら、始めるとなると色々とそれ用の靴だなんだと買い揃えないといけないからな~(;~〓~) アセアセ
あ~あ。メンドクセσ(^_^;)アセアセ...

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

最近映画にハマっているので感想を紹介していきたいと考えています♪♪♪♪Happy (ノ^^)乂(^^ )ノHappy♪♪♪♪

え!?自分の紹介文じゃないの?
という感想は華麗にスルーしますホホホΨ(-◇-)Ψホホホ~~


今日は「蟲師」の感想ですね(( ̄( ̄一*( ̄一* ̄)一* ̄) ̄))キラン,,,フフ


この映画が作られた年は2006年です!!!

監督は大友克洋で、脚本が大友克洋、村井さだゆきです!!!!( ^∇^)キャキャキャ

この映画でメインで出てくる人はオダギリジョー (ギンコ)ですr(-◎ω◎-) 考え中.....

この映画の他の俳優さんを役柄込みで列挙すると、江角マキコ (ぬい)、大森南朋 (虹郎)、蒼井優 (狩房淡幽)、りりィ (庄屋夫人)、李麗仙 (たま)、クノ真季子 (真火の母)、守山玲愛 (真火)、稲田英幸 (ヨキ)って感じですねヾ(☆o☆):ヲホホホホホホ・・・・

退屈でしたあ。

何だか、変なのを見ちゃったなあていう感想で

す。

蟲師は悪い虫を退治する魔術師で、

そいつがばっさばっさと蟲退治をする痛快な物語と思ってました。



それだとスカっとできたのですが。





ところがギンコは人物に重みが無く、

ふわふわ浮いた印象です。



蟲師としても人間としても中途半端で

す。



蟲退治に手間取りすぎるんですね。



最初の「うん」退治はすっきりしてよかったので

すが、「あ」となるともたついてますね。



そのほかのエピソードはだらだらと長い。





無駄なカットが多すぎです。



淡幽のエピソードは唯一見ごたえが

ありましたが、すっきりと終わらず、

ギンコは癒えないままに旅に出ます。



虹郎は全部カットしてもよかったで

しょう。





結局虹蛇を捕まえないのですから。



5年も追っていたその理由もよくわからないまま、

「見れたからすっきりした、親父と同じ橋大工に

なるため里に戻る」で終わりじゃ、

中途半端すぎますから。





ぬいとの再会の場面でも、唖の夫が

小屋から子供の遺体を捨て、ギンコの姿を

見て大声をあげる場面がありましたが

、何の意味があるのでしょうか?そのあとぬいが

小屋ごと光ってギンコが腰を抜かしますが

、説明なしの一切不明。



まさかのところでのエンディングで

、置いてけぼりのぬいはどうなるのやら。



観客を置いてけぼりにしないでください。





結局「蟲師というものがあまり理解されないままに

終る、蟲師があまり活躍しない映画」ということに

なります。



世界観や雰囲気、CGはよかったのに

残念です。



江角、りりィ(庄屋の婆)は芝居が

へたですね。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

麻雀の役って一杯ありますよね~(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!
という事で、今回は三色同刻に焦点を当てたいと思います♪♪v(⌒o⌒)v♪♪イエーイ


なかなかお目にかかれない二翻役ミ卍クルッ ミ(ノ゚^゚)ノ 登場!☆⌒(=゚ω^)v♪

三色で同じ数字の刻子を揃えると成立する役。
鳴いても良いが、それでも難易度は高い。

3メンツが刻子ですから、対々和(トイトイホウ)と複合させやすい。
三麻の際や1・9での三色同刻ならば、そのすぐ上位に清老頭・混老頭(ほんろうとう)がある。


余程配牌に恵まれなければ門前(めんぜん)での成立は厳しく、ある程度は対戦相手に頼ることになる。

あまりにレアな役であるから、
二色同刻晒し状態でも比較的出て来やすいのが救いと言えば救いだろうか。


無論のこと、意識されたら出てこない。最後の1面子(メンツ)は自力で工面しよう|* ̄∇ ̄|ニヤッ




当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


dora麻雀の登録方法じゃよ。

DORA麻雀の解説を見てみましょう



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

三色同刻(出現割合:0.05%)
こちらも実は役満と同じぐらい出現率の役。
自分でも「そんなことは無いと思うな」と心のどこかで思うが、同じ牌が2種類暗子で保有していたとしても、最後の一種類は雀頭になってしまうケースが殆ど。仮に三色同刻が確定した状態を作れたとしても、そこからのウケは案外悪く、中々難しい。余裕のある時に、少し考えてみてはどうだろうか?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じσ(゚・゚*)ンート・・・


今から9時間後には待ち焦がれた高校1年生の友だちとの麻雀です。
楽しみだなあ~~(゚▽゚*)▽゚*)▽゚*)▽゚*)▽T*)ニパッ♪

DORA麻雀の2chまとめ




おすすめ記事




posted by DORA麻雀 at 07:25| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。