2014年03月24日

DORA麻雀の役「大三元」 & 映画「リトル・ミス・サンシャイン」に関して

昨晩もさみーです(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

ということで秋刀魚が美味しい季節になりますダッシュ!-=≡ヘ(* - -)ノ

秋刀魚に合う食べ物と言うと味噌汁ですね(*'-'*)エヘヘ


プラスキュ~っと「マオウ」を飲むと最高ヾ(( ゚)д( ゚))ノイヒヒヒヒー♪

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

映画って本当に面白いですよね~
だから映画の感想を紹介したいと思います!!!!(^w^) ぶぶぶ・・・
とは言ってもyahooに載ってる感想ですが クルクル(・_・)(_・)()(・_)v(゚∇^*)⌒☆ブイブイッ! 


今日は「リトル・ミス・サンシャイン」の感想について紹介しようかと思っています!!!!((( ̄( ̄( ̄( ̄ー ̄) ̄) ̄) ̄)))フッ


この映画の製作年は2006年です。

監督はジョナサン・デイトンとヴァレリー・ファリスで、脚本がマイケル・アーントです!!!!ヾ(≧▽≦)ノ イヒヒヒー♪

この映画のメインは何と言っても!!!グレッグ・キニア (リチャード・フーヴァー)、トニ・コレット (シェリル・フーヴァー)です。o( ̄ー ̄;)ゞううむ

この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
グレッグ・キニア (リチャード・フーヴァー)、トニ・コレット (シェリル・フーヴァー)、スティーヴ・カレル (フランク)、アラン・アーキン (おじいちゃん(グランパ))、ポール・ダノ (ドウェーン・フーヴァー)、アビゲイル・ブレスリン (オリーヴ・フーヴァー)、ブライアン・クランストン (スタン・グロスマン)、メアリー・リン・ライスカブ (大会のスタッフ)、ジュリオ・オスカー・メチョソ (自動車整備士)、ベス・グラント (美人コンテストの担当者 ジェンキンス)って感じですねヾ(⌒∇⌒彡☆キャッキャッ彡☆⌒∇⌒)ツ

家族のありがたさ、夢をもつ大切さ、

そんな当たり前の事を爆笑できるストーリーで

綴った傑作狭い画面の中、6人の個性が

ギュっと詰まってそれが実に心地良い映画は

必要以上に勝ち負けにこだわる事を

嘲笑い、夢の大切さを問いかける他の人から見れば

滑稽かもしれない。



でも、この家族のみんなは真剣ですそんな姿を

見て笑って、考えさせられました最近、

家族関係がおかしくなってるとしか思えないニュースが

蔓延し勝組・負組と個人格差が進む何処かの国の人に

是非見て欲しい作品でした

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

麻雀の役って一杯ありますよね~。(・x・)ぷっ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!
という事で、今回は大三元を説明したいと思います。( ̄∀ ̄*)イヒッ




【大三元(ダイサンゲン)】
「白」、「發」、「中」の刻子(コーツ)を各1組ずつ作った役満です。


【大三元(ダイサンゲン)とは?】
「白」「白」「白」、「發」「發」「發」、「中」「中」「中」というように、
三元牌(サンゲンパイ)です「白」、「發」、「中」の3種類の刻子(こうつ)を各1組ずつ作った役満で、
手牌が面前か否かにかかわらず大三元(ダイサンゲン)が成立します((((((( ‥)ノ |EXIT|

槓子(カンコ)(槓子(カンツ))は刻子(コーツ)と考えられる為、槓子(槓子(カンツ))でも可能です。
※大三元(ダイサンゲン)は、門前(メンゼン)だけでなく、ポン・チー・明槓(ミンカン)(食う)をしても成立しますびゃははは (≧ω≦)b


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・



DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


------------------------------------------------------

大三元(出現割合:0.039%)
手牌の偏り方によっては早上がりの延長線上で狙うことができる唯一の役満。
もちらん、白發中を2枚ずつ持っていたとして、鳴けるのは通常は2回まででどうしても小三元になりやすいが、DORA麻雀ではパオ(責任払い)が実装されていないので、ラスのプレイヤーはどんどん突っ込んでくる可能性も十分にある。
逆にこっちがラスで2位狙い、1位狙いの時に大三元の気配がある相手がいたとしても、オーラスならば引く必要性はDORA麻雀では通常の麻雀よりも要素は少なくなる。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じ( ̄ヘ ̄;)ウーン


今日はこの辺で
しかし今日は顔が痛いなあ
明日もあるしおやすみ~睡魔→Ψ(`∀´#)ノ\_(T◇T)ノ")),,,,,,,,,オヤスミー

DORA麻雀のブログ




おすすめ記事




posted by DORA麻雀 at 06:40| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年03月23日

映画「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える」に関して & DORA麻雀の役「四喜和」

さあ!「スポーツの秋」だから、
何か競技を習慣にしようC= C= C= C= \( ;・_・)/ テェヘンダーテェヘンダー

何にしようかな?(・・;)
やっぱり楽なものやっぱり
いや~キツイと継続しないからね(=v=)ムフフ♪

さっさと考えよう("▽")化ッ (旭化成風)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

映画って本当に面白いですよね~
そう思うたびに映画の感想を紹介したいと燃えております。"( ^-^)/且☆且\(^-^ )"
と言ってもyahooレビューですが\(o⌒∇⌒o)/


今回は「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える」の感想について紹介しようかと思っていますキャハハハ!! ヾ(@⌒∇⌒@)ノ彡☆バンバン!!


この映画が作られた年は2011年です

監督はトッド・フィリップスで、脚本がトッド・フィリップスです!(・ω・)bグッ

この映画のメインは、ブラッドリー・クーパー (フィル・ウィネック)ですr(-◎ω◎-) 考え中.....

この映画の俳優さんは、ブラッドリー・クーパー、エド・ヘルムズ、ザック・ガリフィナーキス、ジャスティン・バーサ、ケン・チョン、ポール・ジアマッティ、ジェフリー・タンバー、ジェイミー・チャン、ニック・カサヴェテス、マイク・タイソンってな感じ。('-'*)フフ

これを下ネタが、とかグロいとか、私は

全く思いませんでした。



なんで花嫁の弟が嬉々として指を落としたり、

花嫁の父が結婚を快く認めることに

したのか?死んだと思った人が2人も生き返ったり(死んで

いなかった)、あれもこれも東洋の神秘で

片付けるのも??微妙です。



それでも結構本が練られて作られているし、

面白い作品でした。





サルはちょっとかわいそうでしたが





全体的に、アメリカ様から見た、(日本も含めて)アジアへの偏見やら、

一段低く見ている感は、やはり日本人としては

感じてしまいます。







+++++++++++++++++++++++++++++++++++

麻雀の役って一杯ありますよね~Λ(_Δ_)Λ 逆さイエーイ♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。。
という事で、今回は四喜和に焦点を当てたいと思います!!ィェ‐ィ v(´▽`v)))))).......((((((v´▽`)v ィェ‐ィ


地和というのはかなり珍しい役満の一つです。
ここでは、先生役の織田と生徒役の鳩山のおふたりに出てきてもらいましょう。


・ルールによっては大四喜 小四喜の2種類を設定している
・2つを合わせて「四喜和(スーシーホー)」と呼ぶ時もあります。
・ポン・チー・明槓(ミンカン)をしても変化なし


織田『厳密には「四喜和(すーしーほー)」の中に大四喜と小四喜(ショウスーシー)の二種類があるのです。

どちらもともに「役満」の扱いになるんですのは間違いないので一緒に紹介します川 ̄ι ̄川フフフ

「大四喜(だいすーしー)」と呼ばれるものが下です。翻牌(読み方:ファンパイ)例外なくを刻子にします。

これは、なかなか難しいですよ。ポンをせずには不可能に近いです。

「小四喜(しょうすーしー)」は4種類ある翻牌のうち3つを刻子(こうつ)、残りを対子(トイツ)にします。

こちらも大四喜に比べると簡単ですが、それでも大三元より難しいですエヘヘ (*'-'*)ノ彡☆ バンバン!!』


鳩山『明らかに大四喜(だいすーしー)の方が難しいのに、点数はどちらも同じなのなのゴロゴロ((((((‥)(: )(¨)( :)(*‥)ン?』


織田『ルールによっては「大四喜(ダイスーシー)」を「W役満(役満の倍の点数)」として、
「小四喜(ショウスーシー)」を「役満」としている際もあります。

これはルールの確認をしてください。もしダブル役満の扱いせずに、
どちらも同じ点数ならば、無理に大四喜(だいすーしー)を狙う意味はあまりないですよね。

記念的な意味を除けばアセアセ( ̄_ ̄ i)タラー

注意点は大三元と同じようなことです。

また、場に字牌の捨てられている数が異常に少なかったりすると、危険な気配がするので警戒してください。』



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


DORA麻雀に登録しよう

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

四喜和(出現割合:0.01381%)
小四喜若しくは大四喜のこと。
小四喜
大三元、四暗刻、国士無双が"出やすい"役満とすれば、その他の役満というのはそうそうお目にかかえれるものではない。小四喜はその中では比較的簡単な部類だが、それにしても中々見られるものではない。この辺りは運に左右される要素が大きいので、もし偏ったりしたらその珍しさを見に狙いに行くのも一つの楽しみ方かもしれない。

大四喜
数ある役満の中でもトップクラスの難易度を誇る役。
小四喜と差別化を図るためにダブル役満とするルールを搭載しているところも珍しくはないが、DORA麻雀では大四喜は通常の役満なのでご注意を。……ご注意を、と言って簡単に出る役でも無いので、記憶の片隅に残してもらえれば良いかと思います。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じの説明です。うーん・・(〃 ̄ω ̄〃ゞ


本日はこの辺で!
今日は何故か足が痛い。。治ってほしいなあ。。
温かくして寝~よおっと(θωθ)おやすみ~☆



おすすめ記事




posted by DORA麻雀 at 21:46| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年03月21日

DORA麻雀の役「天和」 & 映画「白鯨」のレビュー

昨日、血液検査の診断結果が戻ってきてしまった。。´3`)´3`)´3`)´3`)´3`)´3`)´3`)ウフフフフフ

結果は
正常ヾ(^▽^*おわはははっ!!

いやー、問題無しで良かった
ここのところ、水泳を始めたおかげだろうか?o(〃^▽^〃)oあははっ♪

これからも継続しよ(∠T▽T)ノ彡☆ハライテ・・

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

最近映画大好きーな感じなのでレビューをご紹介させて頂きたいと燃えております!!!ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ

え??お前の感想じゃないの?
という感想はスルーぷぷぷぷっ!!(* ̄m ̄)ノ彡_☆ばんばん!


今日は「白鯨」の感想ですね!(* ̄∀ ̄)ノ■☆■ヾ( ̄∀ ̄*) ノムゾォー!!


この映画が作られた年は1956年です!!

監督はジョン・ヒューストンで、脚本がレイ・ブラッドベリとジョン・ヒューストンです!!!!(*'∇')ウフフフフ

この映画の主役はグレゴリー・ペック (エイハブ)です!!(・へ・;;)うーむ・・・・

取り敢えず、この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
グレゴリー・ペック (エイハブ)、レオ・ゲン (スターバック)、リチャード・ベースハート (イシュメール)、フリードリッヒ・フォン・レデブール (クイークェグ)、ハリー・アンドリュース (スタッブ)、ジェームズ・ロバートソン・ジャスティス (ブーマー船長)、ローヤル・ダーノ (イライジャ)、オーソン・ウェルズ (メイプル神父)、ジョーン・プロウライト ((ノン・クレジット))、キャロル・ホワイト ((ノン・クレジット))って感じですね。プププッ (*^m^)o==3

復讐の発端となる、船長の顔が傷つき、

片足を失う場面が全然描かれないので

、なぜそんなに復讐を遂げなければ

ならないのかがいまひとつわからないのが

難点。



ただ、帆船の頃、鯨をどのように捕っていたのかが

よくわかるし(非常に勇壮、命知らずで

ないととてもできない仕事だ。

ある意味合戦に通ずるものがある)、

捕っていた理由も油をとって灯火用に

するためだったことも描かれている。





現在国際社会で捕鯨に反対の立場を

とっているアメリカがかつては捕鯨国で

あったことを雄弁に示す映画でもある。



グレゴリー・ペック主演の名作といわれる作品は

たいがいDVDが発売されていたと思うが

、本作品はまだなのだろうか。



米国では販売中のようなので、まさかとは

思うが、反捕鯨の立場上、意見を異に

する日本では都合が悪い映画なので

DVD販売させていない、ということで

はないことを祈りたい。





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

麻雀の役って一杯ありますよね~d(*'-'*)b イエーイ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!
という事で、今回は天和に焦点を当てたいと思います[壁]・m・) プププ


役満の1つ。


自分が親であり、配牌場合に和了りりの形ができている際に成立するんですね。

和了の形はなんでもよく、役なしでも七対子(チートイツ)でも他の役満でもかまわない(〃_ _)σ∥イヂイヂ・・・

あくまで最初の配牌時の14枚で形が出来ていることが条件でしょう。

第一配牌でカンしてリンシャンで上がっても天和(てんほう)ではない。


完全に運によってのみ出現する役であり、「天からの授かりもの」の意から名付けられている。

天に対してロンをするという意味から「天和」という名前が付いており、
今でも天和(てんほー)はロン和了だという説を支持する人もいる('0ノ'*)オーホホッ

ただし実際のゲームにおいては、放銃者がいなくてはロンアガリの支払いが出来ないから、
語源はともかくとしてツモホーラ扱いとして扱われているΞ('-'*)ノ ササッ


まず見ることのない役満であり、一生打ち続けてみるか見ないかというレベルです。

実際、すべての役満の中で四槓子と並んで一番見る頻度が少ない。

ある人が計算した結果によると、天和(てんほー)の出現率はおよそ33万分の1なんだとか、ヽ`(~д~*)、ヽ`…(汗)



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

天和(出現割合:0.000003%)
麻雀の役の中で一番出にくい役。
ダブル立直ならばちょくちょく見れるが、確率的に33万分の1と言われている役満。
しかし麻雀人口が圧倒的に多い日本では見たことがある、出したことがあるという人もちらほら。賭け麻雀の場で実際に目の当たりにしたらその人間が何かしていないか疑うレベルの役満だ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じ(・へ・;;)うーむ・・・・


今から4時間後にはやっと大学3回生の友だちとの麻雀だよ♪
早く来ないかなほっほっほ♪( ̄▽+ ̄*)

dora麻雀での勝ちパターンだ♪⑤




おすすめ記事




posted by DORA麻雀 at 23:44| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。