2014年03月05日

DORA麻雀の役「三色同順」 & 映画「運命じゃない人」のレビュー

本日のFBS福岡放送 星占い 今日のあなたの運勢は?では大吉?扱いでしたため、
今日は新たなことに挑むべきか。。
ここ最近、階段昇りを始めてみようかと考えてるんですよねヾ(∇'〃)キャハハハo(__)ノ彡_☆バンバン!!
けれども、始めてみようと腰を上げると少しなんだけどそれ用の靴だなんだと買い揃えないといけないんだよな~(;´Д`A ```
あ~。やりたくね~ヾ(≧∇≦)〃ヤダヤダ

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

映画って本当に面白いですよね~
だから映画の魅力を紹介したい!と考えています。♪ベリーベリー d(^・ェ・^)(^・ェ・^)b グットグット♪
ってyahooに載ってる感想ですがニャハハハ!!ヾ(▽^ヾ)ヾ(  ̄▽)ゞニャハハハ!!


本日は「運命じゃない人」の感想ですねホホホ!(^O^)


この映画が作られた年は2004年です。

監督は内田けんじで、脚本が内田けんじです(≧∇≦)ブハハハ!

この映画のメインは何と言っても!!!中村靖日 (宮田武)や霧島れいか (桑田真紀)です!!!!(*'へ'*) ンー

この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
中村靖日 (宮田武)、霧島れいか (桑田真紀)、山中聡 (神田勇介)、山下規介 (浅井志信)、板谷由夏 (倉田あゆみ)、眞島秀和 (梶徹也)、近松仁 (丸尾誠二)ってな感じ。川*'-')フフ♪

うーん、面白かった。



脚本はもちろん巧みなんだけど、何つうのかな、

それを鼻にかけてないというか、いかに

も奇をてらいましたというのでもなく、

「新進気鋭の作家でござい」みたいなところもなく、

ごく自然に「面白いものを作りたかったので

面白いものを作りました」って感じなのが

凄い。





話の内容も、ひねってはいるけれど、

シニカル過ぎず、甘過ぎず、心地良~い「塩梅」。



役者さんもそれぞれ適役だし(出番は

少ないけどレストランでコーヒー入れに

来た店長さんとヒロイン(?)の乗るタクシーの運転手さんも良い味出してたな~)。



こういう新人監督さんがポコッと出てきちゃうんだから、

まだまだ日本映画も捨てたもんじゃないよね。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

麻雀の役って一杯ありますよね~。x・)ぷっ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!
という事で、今回は三色同順を説明したいと思います。ィェィ♪(v〃∇〃)ハ(〃∇〃v)ィェィ♪


二翻役の1つ。ポンやチーをすると一ハンに下がる。

同じ並びの順子を萬子、索子、筒子で揃えることで完成する役。
例えば二三四萬、二三四索、二三四筒にメンツ1つ(なんでもよい)と雀頭1つ、などです。


比較的でやすい役であり、断公九や平和(ピンフ)などとも絡みやすいから高得点を狙える。


三色同刻も同じ三色であるが、こちらは出にくい役ですので、
三色と言えば三色同順をさす。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう



------------------------------------------------------

三色同順(出現割合:3.46%)
三人麻雀を好む人は三人で打つ麻雀のテンポを好み、逆に四人麻雀を好む人は三色があるから四人麻雀! と言われるぐらい人気のある手だ。
牌効率と平和を視野に入れて打つとき、選択肢の一つとして睨んでおかなければいけないのが三色同順。二翻役でいながら基本的に平和が絡むので、四飜で満貫が見えると錯覚しがちだが、実際には20符四飜=5,200点や30符4飜で7,700点になりやすいので初心者でトップを狙う場合は注意が必要。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じの説明です。σ(゚・゚*)ンート・・・



DORA麻雀の評判

明日はついに待ちに待った浜学園の友だちとの麻雀だよ♪
楽しみだヽ( ´¬`)ノ ワ~イ !!



おすすめ記事




posted by DORA麻雀 at 17:14| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

映画「プロポーズ」について & DORA麻雀の役「國士舞双」

だいぶ体重がまずくなってきた(;д;) ヒック
減量しないと不味そうだ。

食事制限は不可能だから
運動しようか(* ̄ ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄ ̄)フッ

何にしようかな?(^▽^;)
楽に始められるスポーツといえば太極拳ですかね
私にとっては∑(; ̄□ ̄A アセアセ

しかし、独りでやるとやると継続できる自信がない(( ( ̄  ̄*)(* ̄  ̄) ))いえいえ
誰か一緒にやってくれるパートナー募集|* ̄∇ ̄|ニヤッ

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ここのところ映画にハマりまくっているので感想をご紹介させて頂きたいと思います!!!!┗┫´,_ゝ`┣┛プッ

はい!?あなたのレビューではないの??
って突っ込みは華麗にスルーしますヾ(*゚ー゚*)ノヾ(。。*)ノヾ(*゚ー゚*)ノヾ(。。*)ノ バンザーイ!!


今日は「プロポーズ」の感想を紹介したいと思っています!!!ヽ(=´▽`=)ノ


この映画の製作年は1999年です

監督はゲイリー・シニョールで、脚本がクライド・ブラックマンとジョセフ・A・ミッチェルです!!!ψ(*`ー´)ψ ゥヶヶ

この映画でメインで出てくる人はクリス・オドネル (ジミー・シャノン)です!!!o( ̄ー ̄;)ゞううむ

取り敢えず、この映画の出ている人を列挙するとクリス・オドネル (ジミー・シャノン)、レネー・ゼルウィガー (アン・アーデン)、アーティ・ラング (マルコ)、エドワード・アズナー (シド・グルックマン)、ハル・ホルブルック (ロイ・オデール)、ジェームズ・クロムウェル (牧師)、マーリー・シェルトン (ナタリー・アーデン)、ピーター・ユスティノフ (祖父ジミー・シャノン1世)、キャサリン・タウン (モニーク)、マライア・キャリー (アラーナ)って感じですね。ヽ(=´▽`=)ノ

わかりやすく、安心して見れる映画。



ジミー君が試練に出会って、徐々に

自分を変えていくことで、やっとこさアニーから結婚して貰える話。





 最後のプロポーズのシーンと花嫁の集団に

祝福して貰うシーンは少しジーンとしました。



なかなか自分の悪いところを変えていくのは

大変だけど、変えることで人生を変えることが

できるところでは自分も頑張らないとと感じました。





 しかし、男はいつもだいへんだよなぁ。



とほほ・・・ 。





久しぶりにブルックシールズ見ました。



そして、マライアキャリーも。

意外と豪華なキャストに驚きました。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

麻雀の役って一杯ありますよね~o(*^▽^*)oあはっ♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!!
という事で、今回は國士舞双に焦点を当てたいと思います!(^▽^)/


麻雀牌の中で老頭牌というのは、全部で13種類あるのです。

1と9が3組で6種類、そして字牌が全部7種類ですので、それを足して13種類というわけです|ヘ(´ω`)ゞイヤァ~

麻雀の手牌もちょうど13枚ですから、すべての老頭牌と頭が1組という役を作ることができれば、
それは國士無双という役満になる。面子(メンツ)という概念は一切関係がなく、

とにかく老頭牌を全種類揃えるという役です。聴牌の時点で全種類を揃えることができれば
全ての牌が単騎待ちになるので13面待ちという伝説の形ができあがりますy(^ー^)yピース!



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

國士舞双(出現割合:0.043%)
九種九牌が採用されていないDORA麻雀では国士無双を積極的に狙うことが多いと予想されるので、実際に目にする機会は他の麻雀ゲームよりも高いと思われる。役満の中でかなり簡単な国士無双だが、それでも役満なので出現率は低い。ただ、序盤様子見て手が揃わなければ、終盤はベタ降りに徹することもできる。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じ(○ ̄ ~  ̄○;)ウーン・・・



DORA麻雀の場代ってどうなの?

今から1時間後には待ち焦がれた大学1回生の友だちとの麻雀です。
楽しみだヾ(゚Д゚)ノ ウケケケ・・ケーッケケケケケ



おすすめ記事




posted by DORA麻雀 at 06:05| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。