2014年03月14日

映画「ゴジラ2000 ミレニアム」の感想 & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 157 $の負け

今日のザ!情報通 おみくじタマゴでは大吉?扱いでしたため、
今日は新たなことに挑むべきか。。
近頃、ソフトボールをやってみようかなと思ってるんですよ†_(@`´@)βウッケッケ
だがしかし、いざ始める段になるとちょっととは言えどもそれようのものを買いに行かないと駄目だからね~(; ̄ー ̄川 アセアセ
はー。やりたくないブン( ̄ロ ̄= ̄ロ ̄)ブン

◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

映画って本当に面白いですよね~
・・・という訳で映画の魅力を紹介したい!と思います!!!!イエーイ(∇≦d)(b≧∇) イエーイ
と言ってもyahooに載ってる感想ですが☆^(o≧▽゚)oニパッ


今日は「ゴジラ2000 ミレニアム」の感想について紹介しようかと思っています!!!Λ(_Δ_)Λ 逆さイエーイ♪


この映画の製作年は1999年です!

監督は大河原孝夫で、脚本が三村渉、柏原寛司です!!!!( ̄ー ̄)ニヤリッ(_ー_)逆ニヤリ(    )クルッ!( ̄ー ̄)ニヤリッ

この映画でメインで出てくる人は村田雄浩 (篠田雄二)です!(*'へ'*) ンー

取り敢えず、この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
村田雄浩 (篠田雄二)、西田尚美 (一ノ瀬由紀)、阿部寛 (片桐光男)、佐野史郎 (宮坂四郎)、ベンガル (園田)、なぎら健壱 (篠田酒造の番頭)、近藤芳正 (灯台の係員)、西村雅彦 (戦車隊隊長)、温水洋一 (列車の客)、石井愃一 (石井)ってな感じクルクル()( )( ) (  ̄) (  ̄ー) オハグロ( ̄▼ ̄)ニヤッ!

新シリーズのゴジラ。



とっても面白かった。

まず、デザインが変わった。



少しハリウッドゴジラを意識した感は

あるが、平成シリーズの胴&首が長いゴジラを

カッコイイと思ってなかった自分に

は良い方向性だった。



設定は行政にゴジラ対策係(阿部寛)を

置いて自衛隊を指揮させるというもので

、これは無理なく受け入れられる。



大きな変化として、ゴジラは核燃料を

欲していないこと。



純粋にエネルギーを求めているが核で

ある必要はないようだ。



ゴジラの出生も核実験の産物というもので

は無くなったようだ。



不死身で不死(?)の特異な生命体として、

研究される対象になっている。



これは現実世界で核兵器が意識されるレベルの変化に

比例した結果であろう。





ストーリーは好き嫌いが分かれるところだけど、

途中から謎の飛行物体に焦点が当たっても、

自分はずーっと好奇心を持ち続けた。



結局、岩が剥がれてUFOが姿を現したが

、それまでは岩の一角がぎょろっと目を

開けるのではと、びくびくして観ていた。



UFOも不必要な破壊をしなかったおかげで

、その目的がハッキリするまでは謎の存在として引っ張ってくれた。



ゴジラと最後に闘った異星人(?)は

あまり知性を感じなかったけど、そこは

怪獣映画だもんね。



熱線の飛び道具をロングショットで

に収めることが多かった平成シリーズに

較べて、肉弾戦や噛み付き技が復活し、

アングルも凝っていたと思います。



最後にキャスト。





まず、不機嫌さをぶちまける西田尚美の小うるさい感じが

良かった。



これまでのゴジラ映画には無かったキャラで

す。





阿部寛の怪演は許容範囲。



戦車に乗っていた西村雅彦が妙な存在感を

撒き散らしてました。



村田雄浩が主人公っぽくない、という指摘に

は頷かざるを得ないですね。

総体として、このゴジラは昭和や平成のシリーズに

対して新しい世界観をきっちり作っていたと思います。







◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

麻雀の役って一杯ありますよね~。勝利ぃ♪v('∇'*)⌒☆ブイブイッ!
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回はハイテイに焦点を当てたいと思います!!!ヽ(´□`。)ノ・゚ヤッタアァァアァン


ハイテイツモとは、ハイテイ牌で自摸和了りする和了り役です。

豆知識ですが、東家から始めて誰もポン・チー・ミンカンをしていない時は、
ハイテイ牌は南家がツモりますが、誰かがポン・チー・明槓(ミンカン)をした際は順番が変わるから、
別の人がハイテイ牌を自摸ることになるんです。


他に役が無くても上がることができますが,
1局につき誰か1人にしかチャンスのない役で、
作ろうと思って作れる役ではありませんから
初めからハイテイツモを期待してはいけません!。



海底牌(ハイテイハイ)とは

その局で自摸ル事の可能な最後の牌を海底牌(ハイテイハイ)と呼びます。

ハイテイロンとは、ハイテイ牌でロン和了りするあがり役です。
正式名は河底撈魚[ホウテイラオユイ]です。

自分が一局の最後の場合、無理にテンパイを狙いすぎて完全に安全牌ではない牌をきってしまったりすると、ハイテイロンであがられてしまう際もあります。



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


------------------------------------------------------

ハイテイ(出現割合:0.94%)
ハイテイには2種類あります。
河底撈魚
最後の牌で出上がりした時に付く役。
実は出現割合:0.63%以上に遭遇している感覚は強いはず。というのも、基本的に麻雀で流局になることもあまり無いが、ラス牌などはリーチをしている状態やテンパイ維持が他家も頭の中を過ぎるはず。456の危険牌なんてそうそう捨てないイメージもあるが、そうでなくともこちらのテンパイが16巡目なども麻雀ではシバシバある。期待するほどではないが、「もしかしたら……」ぐらいで考えておくと良いかもしれない。

海底摸月
最後に引く牌でツモ上がりをすること。狙ってできないのは当然で、視野に入れて打つ必要も全くない。トップを取りに行ってる最中でどうしても点数が足りない時、裏ドラに賭ける状況は全く無くは無いが、さすがに海底摸月は狙いにいけない。上がったらラッキーぐらいに思っておきましょう。


------------------------------------------------------

・・・とこんな感じ?c(゚.゚*)エート。。。



DORA麻雀のレートについて

今晩はこの辺で
しかし今日は何故か腕が痛い。。治ってほしいなあ。。
ばっはは~い川*'-'*川ノ~☆・*。.:*・゚☆オヤスミ♪



おすすめ記事




posted by DORA麻雀 at 12:43| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。