2014年03月23日

映画「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える」に関して & DORA麻雀の役「四喜和」

さあ!「スポーツの秋」だから、
何か競技を習慣にしようC= C= C= C= \( ;・_・)/ テェヘンダーテェヘンダー

何にしようかな?(・・;)
やっぱり楽なものやっぱり
いや~キツイと継続しないからね(=v=)ムフフ♪

さっさと考えよう("▽")化ッ (旭化成風)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

映画って本当に面白いですよね~
そう思うたびに映画の感想を紹介したいと燃えております。"( ^-^)/且☆且\(^-^ )"
と言ってもyahooレビューですが\(o⌒∇⌒o)/


今回は「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える」の感想について紹介しようかと思っていますキャハハハ!! ヾ(@⌒∇⌒@)ノ彡☆バンバン!!


この映画が作られた年は2011年です

監督はトッド・フィリップスで、脚本がトッド・フィリップスです!(・ω・)bグッ

この映画のメインは、ブラッドリー・クーパー (フィル・ウィネック)ですr(-◎ω◎-) 考え中.....

この映画の俳優さんは、ブラッドリー・クーパー、エド・ヘルムズ、ザック・ガリフィナーキス、ジャスティン・バーサ、ケン・チョン、ポール・ジアマッティ、ジェフリー・タンバー、ジェイミー・チャン、ニック・カサヴェテス、マイク・タイソンってな感じ。('-'*)フフ

これを下ネタが、とかグロいとか、私は

全く思いませんでした。



なんで花嫁の弟が嬉々として指を落としたり、

花嫁の父が結婚を快く認めることに

したのか?死んだと思った人が2人も生き返ったり(死んで

いなかった)、あれもこれも東洋の神秘で

片付けるのも??微妙です。



それでも結構本が練られて作られているし、

面白い作品でした。





サルはちょっとかわいそうでしたが





全体的に、アメリカ様から見た、(日本も含めて)アジアへの偏見やら、

一段低く見ている感は、やはり日本人としては

感じてしまいます。







+++++++++++++++++++++++++++++++++++

麻雀の役って一杯ありますよね~Λ(_Δ_)Λ 逆さイエーイ♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。。
という事で、今回は四喜和に焦点を当てたいと思います!!ィェ‐ィ v(´▽`v)))))).......((((((v´▽`)v ィェ‐ィ


地和というのはかなり珍しい役満の一つです。
ここでは、先生役の織田と生徒役の鳩山のおふたりに出てきてもらいましょう。


・ルールによっては大四喜 小四喜の2種類を設定している
・2つを合わせて「四喜和(スーシーホー)」と呼ぶ時もあります。
・ポン・チー・明槓(ミンカン)をしても変化なし


織田『厳密には「四喜和(すーしーほー)」の中に大四喜と小四喜(ショウスーシー)の二種類があるのです。

どちらもともに「役満」の扱いになるんですのは間違いないので一緒に紹介します川 ̄ι ̄川フフフ

「大四喜(だいすーしー)」と呼ばれるものが下です。翻牌(読み方:ファンパイ)例外なくを刻子にします。

これは、なかなか難しいですよ。ポンをせずには不可能に近いです。

「小四喜(しょうすーしー)」は4種類ある翻牌のうち3つを刻子(こうつ)、残りを対子(トイツ)にします。

こちらも大四喜に比べると簡単ですが、それでも大三元より難しいですエヘヘ (*'-'*)ノ彡☆ バンバン!!』


鳩山『明らかに大四喜(だいすーしー)の方が難しいのに、点数はどちらも同じなのなのゴロゴロ((((((‥)(: )(¨)( :)(*‥)ン?』


織田『ルールによっては「大四喜(ダイスーシー)」を「W役満(役満の倍の点数)」として、
「小四喜(ショウスーシー)」を「役満」としている際もあります。

これはルールの確認をしてください。もしダブル役満の扱いせずに、
どちらも同じ点数ならば、無理に大四喜(だいすーしー)を狙う意味はあまりないですよね。

記念的な意味を除けばアセアセ( ̄_ ̄ i)タラー

注意点は大三元と同じようなことです。

また、場に字牌の捨てられている数が異常に少なかったりすると、危険な気配がするので警戒してください。』



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


DORA麻雀に登録しよう

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

四喜和(出現割合:0.01381%)
小四喜若しくは大四喜のこと。
小四喜
大三元、四暗刻、国士無双が"出やすい"役満とすれば、その他の役満というのはそうそうお目にかかえれるものではない。小四喜はその中では比較的簡単な部類だが、それにしても中々見られるものではない。この辺りは運に左右される要素が大きいので、もし偏ったりしたらその珍しさを見に狙いに行くのも一つの楽しみ方かもしれない。

大四喜
数ある役満の中でもトップクラスの難易度を誇る役。
小四喜と差別化を図るためにダブル役満とするルールを搭載しているところも珍しくはないが、DORA麻雀では大四喜は通常の役満なのでご注意を。……ご注意を、と言って簡単に出る役でも無いので、記憶の片隅に残してもらえれば良いかと思います。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じの説明です。うーん・・(〃 ̄ω ̄〃ゞ


本日はこの辺で!
今日は何故か足が痛い。。治ってほしいなあ。。
温かくして寝~よおっと(θωθ)おやすみ~☆



おすすめ記事




posted by DORA麻雀 at 21:46| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。