2014年03月24日

映画「アルマゲドン(1998)」に関して & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 80 $の勝ち

だいぶ体重がまずくなってきた((o(;△;)o))
ダイエットを始めないと・・

減食するのは無理ゲなので
スポーツするべきなのだろうなヤレヤレ┐(´ー`)┌ (┐´ー) ┐(   )┌ (ー`┌) ┐(´ー`)┌ヤレヤレ

どんなものがいいか?∑(; ̄□ ̄A アセアセ
楽に始められるスポーツといえば散歩かな~
僕にとっては( ̄ー ̄; ヒヤリ

しかしながら、独りだと続かないだろうな~(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
誰か一緒に頑張ってくれる仲間募集ヾ(  ̄▽)ゞオホホホホホ

□■□■□■□■□■□■□■□■□■

近頃映画にぞっこんLOVEなので映画のレビューをご紹介したいと考えています!!!☆*~゚⌒('-'*)⌒゚~*☆ウフフ♪

ってあんたの紹介文じゃないのかよ!?
という突っ込みは華麗にスルーしますd=(´▽`)=b ィェーィ♪


今日は「アルマゲドン(1998)」の感想について紹介しようかと思っています!ψ(*`ー´)ψ ゥヶヶ


この映画が作られた年は1998年です

監督はマイケル・ベイで、脚本がJ・J・エイブラムス、ジョナサン・ヘンズリーです。(・m・ )クスッ

この映画の主役はブルース・ウィリス (ハリー・スタンパー)とビリー・ボブ・ソーントン (ダン・トルーマン)です。r(-◎ω◎-) 考え中.....

この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
ブルース・ウィリス (ハリー・スタンパー)、ビリー・ボブ・ソーントン (ダン・トルーマン)、ベン・アフレック (A・J・フロスト)、リヴ・タイラー (グレース・スタンパー)、ウィル・パットン (チック)、スティーヴ・ブシェミ (ロックハウンド)、ウィリアム・フィクトナー (ウィリアム・シャープ)、オーウェン・ウィルソン (オスカー)、マイケル・クラーク・ダンカン (ベアー)、ピーター・ストーメア (アンドロポブ)ってな感じ。ニャハハハ!!ヾ(▽^ヾ)ヾ(  ̄▽)ゞニャハハハ!!

最高の娯楽映画です。



単純なストーリー、親子愛、ラブストーリー、

矛盾だらけ、穴だらけ・・・。

って最後誉めてないか。



でもどんなに矛盾しててもいいんじゃないかなぁ、

と思える作品。



これだけヒットするのはよくわかるし、

これを見て泣くのもおおいにオッケーで

す(*^-^)娯楽映画なのだから重箱の隅を

楊枝でほじくるようなことはしないで

見たいなぁと思いました。

限度はあるでしょうが(汗

□■□■□■□■□■□■□■□■□■

麻雀の役って一杯ありますよね~(≧m≦)ぷっ!
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!
という事で、今回は三色同刻を説明したいと思います!!ギャハハ(*≧д)ノシ彡☆


三色同刻(サンショクドウポン)とは、麻雀における役のひとつ。

マンズ・ソーズ・筒子それぞれの色で同じ数字の刻子(槓子も含む)を作った際に成立する()( )( ) (  ̄) (  ̄ー) ( ̄ー ̄) ズンズンズンズン...

2ハン。喰い下がりはない。

ただし、門前(めんぜん)3翻、喰い下がり2翻とするローカルルールも存在します。
ポンをして作ることが多いことから、三色同ポンとも呼ばれる。
略称は三同刻(サンドーコー)、三同ポン。

同じ三色役である三色同順と比べると出現頻度は非常に低い。

実戦でも滅多にお目に掛かることはなく、三槓子(カンコ)と並んで幻の2翻役と呼ばれることもあります。


大抵の際ポンして作ることになるが、2つ晒した時点で充分に目立ってしまうので、
できれば最低1つは暗刻になっているのが望ましい。

対々和(といといほー)と複合することが多いが、自力で3種とも暗刻(アンコ)にした際は
三暗刻と複合し、中張牌の三色同刻(サンショクドウポン)の時はタンヤオと、
一九牌の際は混老頭(ほんろうとう)と複合することもありうる。
{
{しかし}}、三色同刻(サンショクドウポン)自体が非常に珍しい役でしょうから、
複合云々を考える以前に効率度外視であがりに行くような時も見られる。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


------------------------------------------------------

三色同刻(出現割合:0.05%)
こちらも実は役満と同じぐらい出現率の役。
自分でも「そんなことは無いと思うな」と心のどこかで思うが、同じ牌が2種類暗子で保有していたとしても、最後の一種類は雀頭になってしまうケースが殆ど。仮に三色同刻が確定した状態を作れたとしても、そこからのウケは案外悪く、中々難しい。余裕のある時に、少し考えてみてはどうだろうか?

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じハイロッカ((( -_-)ヤメヨッカ(-__- )))カンガエチュウ(;-_-)o"


この辺りで!
しっかし今日は手が痛いなあ
お休みなさいオ┤* ̄O ̄*├ヤ┤*-.-*├ス┤_ _├ミ

ドラ麻雀での遊び方だにゃん⑤




おすすめ記事




posted by DORA麻雀 at 21:06| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

DORA麻雀の役「大三元」 & 映画「リトル・ミス・サンシャイン」に関して

昨晩もさみーです(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

ということで秋刀魚が美味しい季節になりますダッシュ!-=≡ヘ(* - -)ノ

秋刀魚に合う食べ物と言うと味噌汁ですね(*'-'*)エヘヘ


プラスキュ~っと「マオウ」を飲むと最高ヾ(( ゚)д( ゚))ノイヒヒヒヒー♪

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

映画って本当に面白いですよね~
だから映画の感想を紹介したいと思います!!!!(^w^) ぶぶぶ・・・
とは言ってもyahooに載ってる感想ですが クルクル(・_・)(_・)()(・_)v(゚∇^*)⌒☆ブイブイッ! 


今日は「リトル・ミス・サンシャイン」の感想について紹介しようかと思っています!!!!((( ̄( ̄( ̄( ̄ー ̄) ̄) ̄) ̄)))フッ


この映画の製作年は2006年です。

監督はジョナサン・デイトンとヴァレリー・ファリスで、脚本がマイケル・アーントです!!!!ヾ(≧▽≦)ノ イヒヒヒー♪

この映画のメインは何と言っても!!!グレッグ・キニア (リチャード・フーヴァー)、トニ・コレット (シェリル・フーヴァー)です。o( ̄ー ̄;)ゞううむ

この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
グレッグ・キニア (リチャード・フーヴァー)、トニ・コレット (シェリル・フーヴァー)、スティーヴ・カレル (フランク)、アラン・アーキン (おじいちゃん(グランパ))、ポール・ダノ (ドウェーン・フーヴァー)、アビゲイル・ブレスリン (オリーヴ・フーヴァー)、ブライアン・クランストン (スタン・グロスマン)、メアリー・リン・ライスカブ (大会のスタッフ)、ジュリオ・オスカー・メチョソ (自動車整備士)、ベス・グラント (美人コンテストの担当者 ジェンキンス)って感じですねヾ(⌒∇⌒彡☆キャッキャッ彡☆⌒∇⌒)ツ

家族のありがたさ、夢をもつ大切さ、

そんな当たり前の事を爆笑できるストーリーで

綴った傑作狭い画面の中、6人の個性が

ギュっと詰まってそれが実に心地良い映画は

必要以上に勝ち負けにこだわる事を

嘲笑い、夢の大切さを問いかける他の人から見れば

滑稽かもしれない。



でも、この家族のみんなは真剣ですそんな姿を

見て笑って、考えさせられました最近、

家族関係がおかしくなってるとしか思えないニュースが

蔓延し勝組・負組と個人格差が進む何処かの国の人に

是非見て欲しい作品でした

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

麻雀の役って一杯ありますよね~。(・x・)ぷっ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!
という事で、今回は大三元を説明したいと思います。( ̄∀ ̄*)イヒッ




【大三元(ダイサンゲン)】
「白」、「發」、「中」の刻子(コーツ)を各1組ずつ作った役満です。


【大三元(ダイサンゲン)とは?】
「白」「白」「白」、「發」「發」「發」、「中」「中」「中」というように、
三元牌(サンゲンパイ)です「白」、「發」、「中」の3種類の刻子(こうつ)を各1組ずつ作った役満で、
手牌が面前か否かにかかわらず大三元(ダイサンゲン)が成立します((((((( ‥)ノ |EXIT|

槓子(カンコ)(槓子(カンツ))は刻子(コーツ)と考えられる為、槓子(槓子(カンツ))でも可能です。
※大三元(ダイサンゲン)は、門前(メンゼン)だけでなく、ポン・チー・明槓(ミンカン)(食う)をしても成立しますびゃははは (≧ω≦)b


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・



DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


------------------------------------------------------

大三元(出現割合:0.039%)
手牌の偏り方によっては早上がりの延長線上で狙うことができる唯一の役満。
もちらん、白發中を2枚ずつ持っていたとして、鳴けるのは通常は2回まででどうしても小三元になりやすいが、DORA麻雀ではパオ(責任払い)が実装されていないので、ラスのプレイヤーはどんどん突っ込んでくる可能性も十分にある。
逆にこっちがラスで2位狙い、1位狙いの時に大三元の気配がある相手がいたとしても、オーラスならば引く必要性はDORA麻雀では通常の麻雀よりも要素は少なくなる。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じ( ̄ヘ ̄;)ウーン


今日はこの辺で
しかし今日は顔が痛いなあ
明日もあるしおやすみ~睡魔→Ψ(`∀´#)ノ\_(T◇T)ノ")),,,,,,,,,オヤスミー

DORA麻雀のブログ




おすすめ記事




posted by DORA麻雀 at 06:40| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。