2014年03月31日

映画「機動警察パトレイバー2 the Movie」に関して & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 194 $の負け

本日の朝まるJUSTでは一番上の運勢でしたので、
今日は新たなことに挑戦してみようかな?
ここのところ、キャッチボールを慣習にしてみようかと考えているんですが中々始めれてなかったんですよねヾ(≧▽≦)ノ イヒヒヒー♪
とは言っても、始めるとなると少しなんだけど必要なものを買いに行かないとシンドイんだよな(* ̄ ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄ ̄)フッ
くそ~、やりたくね~( ´ω`X( ´ω`X<ダメダーメ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■

映画って本当に面白いですよね~
・・・という訳で映画の魅力を紹介したい!と燃えております(^▽^)/
ってみんなのシネマレビューに載ってる感想ですが(^○^)


本日は「機動警察パトレイバー2 the Movie」の感想ですね!ヽ(^◇^*)/ ワーイ


この映画が作られた年は1993年です。

監督は押井守で、脚本が伊藤和典です!!!ワーイ♪ヘ(゚∇゚ヘ)v^ー゚)v ヘ(゚ー゚ヘ)ノ゚∇^)ノ ワーイ♪

この映画でメインで出てくるのは、泉野明 (冨永みーな)や篠原遊馬 (古川登志夫)です!(゚-゚;)ウーン

この映画に出てくるキャラを列挙すると、泉野明、篠原遊馬、後藤喜一、南雲しのぶ、太田功、進士幹泰、山崎ひろみ、シバシゲオ、榊清太郎、松井刑事ってな感じ。(゚m゚*)プッ

サンデーでやや飛ばし読み気味に「さらり」とだけ原作の方を

読んだ事があります。

なので、こんなに重厚な作品だったと知らなかったので

、本当に意外な感じがして驚きました。



それとも押井氏のせいでこんな感じなのかな?^^;)。



結論から言うと私はこの映画は好きな部類に

入ります。



10年前でこの作画レベルを見ると、

さすが日本アニメここにあり!という感じで

好感が持てました。



ただし、やっぱり難解かな。



あと、「原作をちゃんと読んでいないと理解で

きない」部分がかなりある様に感じて、

私などはそういう部分があるとどうしても拒否感が

出てしまうのです。



その点がちょっとだけ残念でした。



クォリティーが高いのは凄かったで

すが、もうちょっと「面白さ」がもっと欲しかったで

す。





■■■■■■■■■■■■■■■■■■

麻雀の役って一杯ありますよね~。|* ̄∇ ̄|ニヤッ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。
という事で、今回は一盃口に焦点を当てたいと思います!!!わぁいヽ(゚ー゚*ヽ)(ノ*゚ー゚)ノわぁい


一翻役の1つ。比較的和了やすい役の一つです。

同じ順子を2組揃えることで一盃口が成立します( ゚ー゚)( 。_。)ウン♪
たとえば、1筒 2筒 3筒⑤ピン ⑥ピン ⑦ピン一萬 二萬 三萬4萬 5萬二萬二萬など。

平和(ピンフ)やタンヤオなどと複合しやすく、点数が伸びやすい。


しかし、面前(めんぜん)手であがる必要があるので、
ポンやチー、ミンカンをするとイーペーコーは消えてしまう。

一盃口(イーペイコー)を2つ作ると、二盃口という三翻の役になるがめったに見ない。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

一盃口(出現割合:4.75%)
手牌の中で同じ順子を2種類で成立する役。
牌効率を考えながら打つと「4556」等で5を切らずに「3467」を引いてくっつけようとすると案外簡単にできたりもする。狙いに行く、というよりは視野に入れて打つといったスタンスが望ましい役だ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じの説明です。(○ ̄ ~  ̄○;)ウーン・・・



DORA麻雀の評判は?

今から9時間後にはついに待ち焦がれた中学2年の友だちとの麻雀だよ♪
楽しみだなあ~~ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ ランラン♪

DORA麻雀の評判




おすすめ記事




posted by DORA麻雀 at 23:05| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。