2014年04月08日

映画「顔(1999)」のレビュー & DORA麻雀の役「三暗刻」

う~~ん。。まずいな。。体型がやばいo(T^T)o
減量しないと不味そうだ。

こないだスルッティーを高校1年の時の友達に勧められたんで
これから飲んでみようかな(o_ _)ノ彡☆ギャハハ!! バンバン!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

映画って本当に面白いですよね~
そう思うたびに映画の魅力を紹介したい!と思います!!!!v(´  ・   ω   ・  `)vピースピース♪
と言ってもyahooに載ってる感想ですがヾ| ̄ー ̄|ノ ワーイ♪ヾ| ̄ー ̄|ノ ワーイ♪


今回は「顔(1999)」の感想について紹介しようかと思っていますO(≧∇≦)O イエイ!!


この映画の製作年は1999年です!!!

監督は阪本順治で、脚本が阪本順治です!!ψ(*`ー´)ψ ゥヶヶ

この映画のメインは何と言っても!!!藤山直美 (吉村正子)です!!!!「(ーヘー;)え~と...

この映画の出ている人を列挙すると藤山直美 (吉村正子)、大楠道代 (中上律子)、牧瀬里穂 (吉村由香里)、國村隼 (狩山健太)、豊川悦司 (中上洋行)、佐藤浩市 (池田彰)、岸部一徳 (花田英一)、中村勘九郎(五代目) (山本俊郎)、渡辺美佐子 (吉村常子)、早乙女愛 (狩山咲子)ってな感じ。((アイソワライ…))○o。(; ゚∇゚)ノ_彡☆バンバン

殺人を犯した人間が逃走する様を、実に

リアルに描いている。

人間、何がなくても何とか生きていけるもんだなぁ、

と別なところで感心してしまった。



行く先々で色んな人と出会い、別れ、

ひどい目に遭い、ちょっとした幸せも感じた。





そして何より、劣等感の塊だった一人の女性が

、逃亡生活の中でちょっとずつ自我を

発掘し、今までの人生で抱えていた劣等感を

克服して、活き活きとしていく様が

実に興味深い。





社会から隔絶していた人間が、反社会的な行動に

出た時、初めて社会と本当の意味で

接することができた。



何たる皮肉、何たる人生の数奇さよ。



人間、どこまで堕ちたとしても、とりあえずは

生きているべきだということ、それを

本作から学ぶことができた。





実に有意義な2時間だった。







★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

麻雀の役って一杯ありますよね~(= ̄▽ ̄=)V やったね
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。。
という事で、今回は三暗刻に焦点を当てたいと思います!(o_ _)ノ彡☆ギャノヽノヽノヽノヽ!! ノヾンノヾン!


三暗刻(さんあんこ)というのは一番一般的な役ですね。
ここでは、先輩役の富士野と生徒役の内海のお二人に出てきてもらいましょう。


・暗刻(アンコ)を3つ作れば完成
・ポン・チー・明槓(ミンカン)をしてもハン数に変化なし
・暗槓(アンカン)は暗刻(アンコ)と同じ扱いになる


富士野『文字通り「暗刻」を3つ作るため「三暗刻(さんあんこ)」ですよ。


(暗刻(アンコ) × 3 )+(明刻(ミンコ) × 1) + 雀頭(アタマ)
(順子(シュンツ) × 1)+(暗刻 × 3 ) + 雀頭(アタマ) 


このような形をいいます。ただ1つ注意してもらいたい部分があるのです。
例えばこのようなテンパイをしていたとします。』


8s 8s 8s 4s 4s 4s 2萬 3萬 4萬 1ピン 1ピン 南 南


内海『シャンポン待ちですよ。』


富士野『そうですが…。

ここで、誰かがこの当たり牌を捨てた時、
ロンあがりの場合は「三暗刻(さんあんこー)」は成立しないんだ。

だが、自摸あがりした際は「三暗刻(サンアンコ)」が成り立ちます。

この違いがわかりますか?』


内海『いや、分からないですね(・・;)。
ロンなら「暗刻」が3つで「三暗刻(サンアンコー)(サンアンコウ)」ではないのでしょうかΣ⊆・д・⊇!!!ガビ~ン!!』


富士野『それが別ののですよ。初心者がよくする勘違いです!

最後に持っていた(ロンした牌)の部分は明刻です。

暗刻(アンコ)は「自分の力だけで集めた3枚」です。

最後のは相手からのロンですから、自分の力で集めたことになっていません。』


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


DORA麻雀の合法性について

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


------------------------------------------------------

三暗刻(出現割合:0.76%)
暗刻を3つ用意する。対々和や役牌を狙おうと考え、他家が捨てるのを待っている間にできあがるというのが面白い役。基本的に対々和と絡むので、自然と手が満貫以上になりやすい。四暗刻テンパイの場合、ロンあがりでできるケースもかなり多い。とは言え比較的に狙いに行く役でも無いので手牌と相談しながら打ちまわそう。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じ(━_━)ゝウーム


今から14時間後にはついに待ち焦がれた大学2年生の友だちとの麻雀です。
楽しみだ_( ゚Д゚)ノ彡☆ギャノヽノヽノヽノヽ!! ノヾンノヾン!!

dora麻雀でのネッテラーに関して




おすすめ記事




posted by DORA麻雀 at 22:33| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

映画「間宮兄弟」について & DORA麻雀の役「地和」

一昨日も強い雨でしたな。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

雨のおかげで服が結構たまってもうたからな~カタカタカタ o(・_・o)-8"=з=з=з=з

ほんじつは洗濯するぞ.......(((((( =`□´=)/コラッ!!マテー!!
それと心の洗濯もしよっかな~Ψ( ●`▽´● )Ψ キャハ♪

◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

近頃映画にハマっているので映画の感想を紹介していきたいと燃えております!!(`ー´) クククッ

は?あなたのレビューは?
なんてツッコミはスルー_・)ぷっ


今日は「間宮兄弟」の感想を紹介したいと思っています!!(o^∇^o)ノ


この映画の製作年は2006年です!!!

監督は森田芳光で、脚本が森田芳光です!!(^ー゚)ノヤッタ♪(ー゚ ノ)クル(゚ ノ)クルヽ() クル( ゚ー)クル(゚-^v) ブイ♪

この映画の主役は佐々木蔵之介 (間宮明信(兄))です!!r(-◎ω◎-) 考え中.....

取り敢えず、この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
佐々木蔵之介 (間宮明信(兄))、塚地武雅 (間宮徹信(弟))、常盤貴子 (葛原依子)、沢尻エリカ (本間直美(姉))、北川景子 (本間夕美(妹))、戸田菜穂 (大垣さおり)、佐藤隆太 (浩太)、岩崎ひろみ (安西美代子)、加藤治子 (お婆ちゃん)、高嶋政宏 (大垣賢太)って感じですね(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

この兄弟を見てすぐ連想したのが、今人気が

あるらしい双子のコメディアン(名前失念)だ。





間宮兄弟は歳は離れているが、精神的に

は双子のようにお互いを補完して寄り添うように

生きている。

こんな兄弟、おそらく世界中に沢山いるに

違いない。



そしてモノやそれにまつわる薀蓄に

非常にこだわり、一方女性関係はうぶで

奥手。





憎めないし、いい奴なのかもしれないが

、どうもイライラしてしまうのだ。



あの兄弟愛も、何か他人のパンツを

見せられているような、妙な生々しさと不快感が

ある。



勿論間宮兄弟が愛すべき人物であることに

異論は無いし、彼らには幸せになって欲しいのだが









◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

麻雀の役って一杯ありますよね~。≧(´▽`)≦アハハハ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回は地和に焦点を当てたいと思います!(* ̄Oノ ̄*)ホーッホッホ!!


子の際に第1回目のツモであがる

自分が子の場合、配牌された状態で聴牌の形になっており、
チー、ポン、カンのない初巡の、自分の第一自摸であがりした場合に成立する役萬です┗┫´,_ゝ`┣┛プッ


一生に1回あるかないかといった奇跡的な役満ですよニヤリビーム!!(ノ ̄ー ̄)‥‥…━━━━━☆( ̄  ̄)………( ̄∇ ̄)ニヤッ

天和(てんほう)同様に、子の際に第1自摸であがると「地和(ちーほー)」という役満になりますε=ε= (ノT▽T)ノまって~!~~~凹 ひらひら~♪


ただし、こちらは少し条件があり、自分の順番が回ってくる間に誰かがポン・チー・カンを行うと無効になってしまいます。

こちらも天和(テンホー)と同じく「完成している」は通常の3枚1組のグループが4つと雀頭の形、
もしくは「七対子(ちーといつ)型(七対子(ちーといつ)型)」と「国士無双(コクシムソウ)型」が該当します( ̄_ ̄|||) どよ~ん


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

地和(出現割合:0.00158%)
子の場合のみ、第一ツモで上がるときの役満。
天和/地和はまず出ない、と思われがちだが、天和よりは全然出現率は高い。
とはいえ、その数字自体の分母が圧倒的に低い運100%の役満なので、いつか出ることを祈って打つぐらいで良いだろう。人生で一度くらいはお目にかかりたい役満の一つだ。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じ( ̄ヘ ̄)ウーン


今から6時間後には待ち焦がれた小学2年生の友だちとの麻雀だよ♪
楽しみだなあ~~v(・_・) ブイッ



おすすめ記事




posted by DORA麻雀 at 15:16| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

映画「のぼうの城」の感想 & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 145 $の勝ち

おし!スポーツの秋やから、
スポーツを定期的にする習慣をつけよう(((o(^。^")o)))ワクワク

何が儂に適してるかな?ヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノ
やはり楽なものやっぱり
どうしてかと言うと疲れると続かないからね~((┌(。△。)┐))ワッハッハ

さっさと考えようアハハ!!(~▽~*)/≡クルッヽ( )ノギャハハ!!≡クルッ(*_ _)/バンバン!!

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

最近映画命な感じなので映画のレビューを紹介していきたいと燃えております!!!ワーイ♪☆彡(ノ゚▽゚)ノ☆彡ヘ(゚▽゚ヘ)☆彡(ノ゚▽゚)ノ☆彡ワーイ♪

は?あんたの感想じゃないの?
なんて感想はスルー(o ̄∇ ̄o)ヘヘッ♪


本日は「のぼうの城」の感想について紹介しようかと思っています!!!ワーイッ \( ̄ー\)(/ー ̄)/ワーイッ


この映画が作られた年は2011年です。

監督は犬童一心と樋口真嗣で、脚本が和田竜です!!!!(*`▽´*)ウヒョヒョ

この映画のメインは、野村萬斎 (成田長親)です!!!(・・*)。。oO(想像中)

取り敢えず、この映画の他の俳優さんを役柄込みで列挙すると、佐藤浩市 (正木丹波守利英)、成宮寛貴 (酒巻靭負)、山口智充 (柴崎和泉守)、榮倉奈々 (甲斐姫)、上地雄輔 (石田三成)、山田孝之 (大谷吉継)、平岳大 (長束正家)、市村正親 (豊臣秀吉)、平泉成 (成田泰季)ってな感じ。щ( ̄∀ ̄)ш ヶヶヶ

原作既読。



見せ場の攻城戦シーン、本来は「一騎当千」「寡兵で

大群を相手に一矢報いる」ところが

燃えどころなのだが、豊臣側の戦力が

大群に見えず勿体無い。



豊臣方、成田方とも演者は非常に良いのだが

ね。





また、「のぼう」は「でくのぼう」が

語源で、体が大きく田楽踊り以外何を

やっても巧くできないハズなのに、

「野村のぼう」は小兵な上、何でもそつなくこなす感じで

イメージが違う。





天才なのか愚鈍なのか判断が付かないが

、いつの間にか良い結果を生み出してしまうところが

「のぼう」の魅力なのに、イマイチそのミソな部分が

伝わってこないところが不満だった。





ただ、エンドロールの行田近辺の映像は

、エレカシの歌の雰囲気とも合って泣ける。



全体的には可もなく不可もなくって感じで









◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

麻雀の役って一杯ありますよね~ヽ(゚∇゚(゚∇゚(゚∇゚o(゚∇゚)o゚∇゚)゚∇゚)゚∇゚)ノ ニパニパニパッ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!
という事で、今回は三槓子を説明したいと思います!(^▽^)/



カンを3回行い、和了ると成立

槓子(カンツ)(暗槓(アンカン)、小明槓、大明槓(だいみんかん)問わず)で3つの面子(メンツ)を揃えた場合につく役です。


言葉で説明すると簡易ですが、
実戦での出現頻度としては役満よりも低く難易度はかなり高い役といえますね♪~( ̄。 ̄) ←トボケガオ


注意点としましては「暗槓子」=「暗刻(アンコ)」「明槓子」=「明刻」としてもカウントされちゃうため、
従来紹介しました三暗刻や対々和(トイトイホー)(対々和(といといほう)ホー)の一部として見ることも可能です。


三槓子(サンカンツ) + 対々和(トイトイホー)

三槓子 + 三暗刻


難易度から考えて上の状態に遭遇することは少ないと思いますが、役の性質上は複合可能ですo(*^▽^*)oエヘヘ!



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


麻雀を趣味として!

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


------------------------------------------------------

三槓子(出現割合:0.005%)
実は役満と同じぐらい出現率が低いのが三槓子。
カンを三回やるだけ、というと簡単そうに聞こえるが、そもそも明槓をしたとしてもそう簡単ではない。それもDORA麻雀でも四回カンをしたら流れる「四槓散了」を採用しているので難易度はさらに上がります。加えて、ドラの扱いが非常に怖い。勝負手でカンを繰り返し結果的に三槓子なら良いが、「とりあえずカン!」を繰り返し三槓子が付く状態でテンパイしただけならむしろリスクの方が高いかも。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じ(━_━)ゝウーム


今晩はこの辺で
今日は何故か足が痛い。。治ってほしいなあ。。
おやすみ~( ̄○ ̄)お( ̄◇ ̄)や( ̄ο ̄)す( ̄ー ̄)ノ~~~み~♪・:*:・゚★,。・:*:・゚☆

DORA麻雀 場代




おすすめ記事




posted by DORA麻雀 at 07:36| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。