2014年02月19日

映画「荒野の用心棒」のレビュー & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 83 $の勝ち

おし!スポーツの秋ということで、
スポーツを始めないとね(;¨)(;・・)(¨;)(・・;) ウンウン

何がミーに適してるかな?\(;゚∇゚)/ヒヤアセモン☆
やはり楽にできるスポーツやっぱり
なぜならキツイと続きませんからね( ̄ー ̄)ニヤリッ

さっさと考えよう(*`▽´*)ウヒョヒョ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ここのところ映画にハマりまくっているのでオススメ映画の感想をご紹介させて頂きたいと考えています!!!(b^ー゚)!!(゚∇^d)~~ ベリーベリーグッド

はい??あなたの感想は?
ってツッコミは華麗にスルーします(´m`)クスクス


今回は「荒野の用心棒」の感想について紹介しようかと思っています!!!\((( ̄( ̄( ̄▽ ̄) ̄) ̄)))/ヤッター!!


この映画の製作年は1964年です!!!!

監督はセルジオ・レオーネで、脚本がセルジオ・レオーネ、フェルナンド・ディ・レオですイエーイ(∇~*d)(b*~∇) イエーイ

この映画の主役はジョー演じるクリント・イーストウッドです(・へ・;;)うーむ・・・・

取り敢えず、この映画の他の俳優さんを列挙すると、ジャン・マリア・ヴォロンテ、マリアンネ・コッホ、ホセ・カルヴォ〔1916年生〕、マルガリータ・ロサーノ、ダニエル・マーティン〔1935年生〕、ベニート・ステファネッリ、マリオ・ブレガ、アルド・サンブレルって感じですね。ィェィ♪(v〃∇〃)ハ(〃∇〃v)ィェィ♪

この手のウエスタン映画としてはお手本のような映画。



お決まりの拷問シーンがあり、話のテンポが

良く、対決シーンではハッタリをかます。



正にマカロニ、これぞマカロニ。



しかしアクションシーンに迫力さが

無いのが残念でした。

まあ時代が時代なので仕方が無いで

すが、撃たれたら血くらい出してくれと思いましたね。



あとエンニオ・モリコーネの音楽が

超有名ですが、私としては褒めるほどで

は無い気がしました。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

麻雀の役って一杯ありますよね~(* ̄▽ ̄*)ノ"
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。
という事で、今回はツモを説明したいと思います!!!!げははははは_(__´Д)ノ彡☆ばんばん!


いわゆる門前(メンゼン)自摸ホーラ。単純にツモとも呼ばれる一翻役。

門前(めんぜん)(鳴いていない)状態でツモアガリすると成立する役。
面子構成に制限はなく、完先などの取り決めがなければ役なしでも成立する。


一般的に狙ってホーラする役ではなく、一種のボーナス役である。
できたらラッキーぐらいに捉えよう。

オーラス直撃逆転が前提の場合はある意味アンラッキーだが……諦めて和了ろう。

一盃口など、さらに高くなる手がない限り見逃しても損しかないのだから。



○ツモ平和

平和と複合した時は所によりルールが異なる。

なぜなら平和(ピンフ)は自摸ホーラ「符が(門前加符*1以外)つかない」こと
が前提である役なのに対して門前清自摸すると符として2符発生してしまう。

このため大別して、片方の役を認めない(30符1翻/300・500)とするケースと、
自摸和了り符を度外視(20符2翻/400・700)するケースがある。

近年ではインフレ傾向の影響か高い点になる後者を採用する場合が多いが、
念のため確認はしておこう。



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


------------------------------------------------------

門前清自摸和(出現割合:17.6%)
面前で安全に逃げ切るか?
早上がりでリスクを負って勝負を決めるかの二種類の考えがDORA麻雀にあり、ラス回避を考えるのならばいつでも降りれる状態を視野に入れて門前清自摸和を使うのは非常に有効だろう。いつでも降りれる、と言うのがこの役の一番のポイント。手が伸びない愚形ならばこのまま廻し打ちをしつつ展開するのも良いだろう。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じ(゚-゚;)ウーン



DORA麻雀

今から5時間後にはやっと中学3年の友だちとの麻雀だ。
楽しみだなあ~~ヘ(ё_ё)ノ ワーイ

DORA麻雀の評判


DORA麻雀のブログ




おすすめ記事




posted by DORA麻雀 at 19:41| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。