2014年02月21日

映画「ピーナッツ」のレビュー & DORA麻雀の役「天和」

本日のぷいぷい占いでは上の方の運勢でしたので、
今日は新たなことに挑むべきか。。
ここの所、卓球をやってみようかなと考えているんですが中々始めれてなかったんですよね(・Θ・;)アセアセ…
しかし、スタートしようと思うと色々と買いに行かないと駄目なんだよな。。┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ・・・
う~~ん。メンド(;´Д`A ```

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

最近映画にぞっこんLOVEなのでレビューを紹介していきたいと考えています!!( ̄ー ̄)ニヤリッ(_ー_)逆ニヤリ(    )クルッ!( ̄ー ̄)ニヤリッ

はい!?テメエの紹介文じゃないの?
って突っ込みはスルーで\(-___________-;)/ワーイ??


今日は「ピーナッツ」の感想ですね!(o^-^o) ウフッ


この映画が作られた年は2005年です!!!

監督は内村光良で、脚本が内村光良、益子昌一です!!!ィェーィv(▼ω▼メ)ゞ

この映画でメインで出てくる人は内村光良 (秋吉光一)、小木茂光 (大崎健二)です!!!!( ̄ω ̄;)エートォ...

取り敢えず、この映画の他の俳優さんを役柄込みで列挙すると、高杉亘 (田中)、原田泰造 (警官)、ウド鈴木 (スポーツショップの客)、竹中直人 (飲み屋の客)、ベンガル (草野務)、佐藤めぐみ (草野みゆき)、中島ひろ子 (相良まりこ)、奥貫薫 (赤岩アカネ)って感じですね。v(`皿´)ノ~'' ヤッター!!

全体的にウッチャンのお人柄というか温かみを

感じられる作品。



よくある話って言ってしまえば、それまで

なんですけどね~・・・それでも心揺さぶられるのは

、劇中の主人公等の中年のお年頃ってのは

(私も含めて)、日々の生活に追われ、

なかなか自分のやりたいことが出来なかったりする訳で

・・・たまにゃ、立ち止まって休憩するのもいいんで

ない?息抜きしようよ、久しく会ってない仲間に

連絡してみたりしてさ・・・なんてことを

思わせてくれたホンワカ映画でした。



++++++++++++++++++++++++++++++++++++

麻雀の役って一杯ありますよね~_(⌒▽⌒)ノ彡☆ばんばん!
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!
という事で、今回は天和に焦点を当てたいと思います!!!||| \( ̄▽ ̄;)/ |||ワーイ?



局が始まったら、まずは配牌がそれぞれのプレイヤーに配られます。

親は第1自摸を同時に配牌として引いてくるので、最初から14枚が揃っている状態になるほっほっほ♪( ̄▽+ ̄*)

そこから不要な牌を捨てて局がスタートとなるのですが、
この14枚がある時点で役が完成していて、あがっていれば天和(テンホウ)という役満です。

天和自体に役があるため、上がる手には何にも役がついていなくても役満成立です。


親の役満だから、局の開始直後にいきなり他のプレイヤーは1万6000点の支払いとなってしまいます。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

天和(出現割合:0.000003%)
麻雀の役の中で一番出にくい役。
ダブル立直ならばちょくちょく見れるが、確率的に33万分の1と言われている役満。
しかし麻雀人口が圧倒的に多い日本では見たことがある、出したことがあるという人もちらほら。賭け麻雀の場で実際に目の当たりにしたらその人間が何かしていないか疑うレベルの役満だ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じ「(´へ`;ウーム


今日はこの辺で
けど今日は何故か腰が痛い。。治ってほしいなあ。。
さよなら~お(○`o´○) や(○`O´○) す(○`ε´○) みぃ(○`-´○)



おすすめ記事




posted by DORA麻雀 at 23:43| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。