2014年03月21日

映画「ジーザス・クライスト・スーパースター」のレビュー & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 137 $の勝ち

おし!「スポーツの秋」やから、
運動を始めようかねε=ε=ε=ε="8-(o・_・)o カタカタカタ

何にしようか?(;´Д`A ```
やはり手軽にやれるやつと駄目ですからね
どうしてかと言うと疲れると続かないからね~ヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノ

考えておこうホホホΨ(-◇-)Ψホホホ~~

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ここ最近映画にぞっこんLOVEなので感想をご紹介したいと考えています!!!!(・。・)ぷっ♪

はい!?テメエのレビューじゃないのかよ!?
なんて突っ込みはスルーo(^▽^)oキャハハハ


今日は「ジーザス・クライスト・スーパースター」の感想について紹介しようかと思っています!ピョハハ!(≧Θ≦ )人( ≧Θ≦)ピョハハ!


この映画が作られた年は1973年です

監督はノーマン・ジュイソンで、脚本がノーマン・ジュイソン、メルヴィン・ブラッグです!_( ゚Д゚)ノ彡☆ギャノヽノヽノヽノヽ!! ノヾンノヾン!!

この映画のメインは何と言っても!!!バリー・デネン (Pontius Pilate)です!!!!(゚-゚;)ウーン

取り敢えず、この映画の俳優さんは、バリー・デネン、ジョシュ・モステルって感じですね(^∇^)アハハハハ!

60年代だったか70年代だったか、

アメリカの若者の間で「ちくしょう!」「くそったれ!」ていう汚い言葉を

「ジーザスクライスト!」と言って表現するのが

流行ってたんですね。



反対の言葉で言って相手にショックを

与える。





この映画はそういうノリに近いですね。



キリストの描き方、聖書をロックで

料理する。



観る者にショックを与える、、、。







■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

麻雀の役って一杯ありますよね~ヾ(▽⌒*)キャハハハo(__)ノ彡_☆バンバン!!
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。。
という事で、今回はハイテイを説明したいと思います( )( =)( = ̄)( = ̄∇)(= ̄∇ ̄)(= ̄∇ ̄=)vニィ♪


海底撈月(ハイテイ自摸)及び河底撈魚(ホーテイロン) 一飜


一局の中のオールの対局者の中で、
一番最後の捨てた牌となる牌であがりとなる役。


自分のツモで和了れば"ハイテイツモ"、
相手が河に捨てた牌であれば"ホウテイロン"となるんです。

この役は偶然役と言われるから、
先付け以上のルールが採用されているところでは、
他に確定役がなければ上がることはできません~(=^‥^A アセアセ・・・


複合役:すべての役(役満はルールによる)


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


------------------------------------------------------

ハイテイ(出現割合:0.94%)
ハイテイには2種類あります。
河底撈魚
最後の牌で出上がりした時に付く役。
実は出現割合:0.63%以上に遭遇している感覚は強いはず。というのも、基本的に麻雀で流局になることもあまり無いが、ラス牌などはリーチをしている状態やテンパイ維持が他家も頭の中を過ぎるはず。456の危険牌なんてそうそう捨てないイメージもあるが、そうでなくともこちらのテンパイが16巡目なども麻雀ではシバシバある。期待するほどではないが、「もしかしたら……」ぐらいで考えておくと良いかもしれない。

海底摸月
最後に引く牌でツモ上がりをすること。狙ってできないのは当然で、視野に入れて打つ必要も全くない。トップを取りに行ってる最中でどうしても点数が足りない時、裏ドラに賭ける状況は全く無くは無いが、さすがに海底摸月は狙いにいけない。上がったらラッキーぐらいに思っておきましょう。


------------------------------------------------------

・・・とこんな感じの説明です。?c(゚.゚*)エート。。。



DORA麻雀の評判から見て・・・

今から2時間後にはついに小学5年生の友だちとの麻雀です。
早く来ないかな(・m・ )クスッ



おすすめ記事




posted by DORA麻雀 at 07:26| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。