2014年03月30日

映画「トンマッコルへようこそ」について & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 173 $の負け

今日は19時から大雨ですって(_□_;)!!

雨ならば面倒くさいな~ΣΣ( ̄◇ ̄;)!ハウッ!?

先輩との約束があるからな~(ρ゚∩゚) グスン
まっ、いっか♪
キャンセルだ⊂((〃≧▽≦〃))⊃ぶぁっはっはっ!!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

最近映画にぞっこんラブなのでオススメ映画の感想をご紹介したいと燃えております!!!Λ(_Δ_)Λ 逆さイエーイ♪

え!?自分の紹介文ではないの??
なんてツッコミは華麗にスルーします☆^v(*^∇')乂('∇^*)v^☆ヤッタネ!!


今回は「トンマッコルへようこそ」の感想を紹介しようかと思っています!!びゃははは (≧ω≦)b


この映画の製作年は2005年です!!

監督はパク・クァンヒョンで、脚本がパク・クァンヒョン、チャン・ジンです!ъ川゚д^川 ィェーィ

この映画のメインは何と言っても!!!シン・ハギュン (ピョ・ヒョンチョル)です!( ̄へ ̄|||) ウーム

取り敢えず、この映画の他の俳優さんを列挙すると、チョン・ジェヨン、カン・ヘジョン、ソ・ジェギョン、リュ・ドックァン、スティーブ・テシュラー、イム・ハリョンって感じですね。┗┓ ̄旦 ̄┏┛フフフ

中盤までは良い感じで進んでたんですけど、

終盤へ近づくにつれ全く別の映画に

なっていく。



それに従い私の心も、どんどんと映画から離れていく。



これって「今こそ南北連合軍を創設し、

憎き米帝国主義を打ち負かそう」ってこと? 馬っ鹿じゃないの。

マジで「ユリョン」並にくだらない映画で

す(日本じゃなくて北へ持ってった方が

良い)。



本作といい「グエムル/漢江の怪物」といい、

こんなレベルの作品で自らを慰めてる韓国の大衆に

は、キム・ギドクじゃなくても苦言を

呈したくなるのは当然。



アメリカとソビエトの犠牲になり、

21世紀に至っても分断されたままの民族に

は心から同情しますけど、少し自己憐憫が

過ぎるんじゃないでしょうか。





韓流映画を全部観てる訳じゃないから判りませんが

、「シュリ」や「JSA」の頃から比べると意識レベルが

凄く下がってる様に感じます。



あと気になったのは久石譲の音楽。





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

麻雀の役って一杯ありますよね~。(`L_` )ククク
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!
という事で、今回は清一色に焦点を当てたいと思います!!!ヾ(∇'〃)キャハハハo(__)ノ彡_☆バンバン!!


清一色(チンイツ)というのは良くねらってみたくなる役の一つです。
ここでは、先輩役の柳由と生徒役の田所の2人に出てきてもらいましょう。


・1種類の数牌で成立
・ポン・チーをすると6翻→5ハンに下がる
・捨牌が片寄るから相手に読まれやすい
・多面待ちになるんですから初心者泣かせの役
・面前(めんぜん)の清一色(チンイツ)は「タテチン」「メンチン」などと呼ばれる(-。-;)


柳由『役の意味はわかりやすいのですが、
実際に目にすると非常に複雑になるんです時も多いです。

門前(めんぜん)で6翻、ポン・チーしても5翻と高得点ですが…ヾ( ´Ω`)ノ フッ
以下の待ち牌は何かわかりますか?』


2223456777999


田所『ちょっとややこしいな。ゆっくりと考えさせてくれたら、わかるんだけどな…』


柳由『この際の当たり牌は8種類


12345678


儂ならあたり牌を算出するのに1秒もかかりません。

2011年に始まったオンライン賭け麻雀サイト:「どら麻雀」などのネット麻雀では絶対に時間制限があります。

リアル麻雀でも目の前に人がいるので焦るのは間違いないです。
変な牌を切ったり、狭く受けてしまったりと失敗も多いですね。


特に自分の総じての当たり牌を把握しておかないと「フリテン」がらみの失敗もあるから注意してください。

和了れると思ったのに、実は自分ですでにあたり牌を捨ててしまっていた場合とかです。

ネット麻雀ではロンできますボタンが押せないので大丈夫ですが、
リアル麻雀ですとあがれもしない牌で「ロン」と言ってしまって
せっかくの高得点チャンスに逆に反則金を支払うことになったとかメンチンがらみの失敗談も多いです。


とはいえ、上級者になってもこのメンチンは苦手だって人は多いので練習あるだけだと思います。

索子(ソーズ)一種類のみでやる「バンブー麻雀」というフラッシュソフトがネットで単純にプレーできますので練習したい人はやってみてください。

それから人間の場合は「ブレーキが効かない」のも清一色の弱点かもしれません。』


田所『ブレーキが効かないってのはなんだ?』


柳由『非常に難易度の高い高得点の役なので魅力的です。
テンパイの1つ手前、テンパイになってしまったら「どうしても和了たい!」
みたいな衝動にかられて、突っ走ってしまいがちです。

結果、危険な牌だとわかっても捨ててしまいロンされるということになる。

確かに高得点ですのでリスクを冒す価値のある役ではありますが、
時に思いとどまって清一色(チンイツ)の手を崩してでも相手の危険牌を止める勇気も必要だ
と覚えておいてください。』


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


DORA麻雀の戦略

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


------------------------------------------------------

清一色(出現割合:0.94%)
「ロン!」と言われて全て同じ色なら頭の中が真っ白になるぐらい麻雀の中で圧倒的な破壊力を持つ役。喰い下がり五飜もドラや一気通貫ですぐにハネ満まで見える。
もちろん、局を終わらせるぐらいの火力を持つのだからその勝負手は危険牌をどんどん切る覚悟も必要になる。テンパイならもちろん勝負だが、イーシャンテン、リャンシャンテンなら少し迷うところだ。
------------------------------------------------------

・・・とこんな感じの説明です。・・・( ̄  ̄;) うーん


今から8時間後には待ち焦がれた懇親会だよ♪
楽しみだなあ~~_(▼∀▼)ノ彡☆ バンバン!!



おすすめ記事




posted by DORA麻雀 at 03:52| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。