2014年04月04日

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 35 $の負け & 映画「のど自慢」の感想

やばいな体型がまずいことになってる(ρ_;)・・・・ぐすん
ダイエットしないとまずいな。。

この間、エステのお茶を大学1回生の時の友人にお勧めされたんで
試しに飲んでみようかな川 ̄ι ̄川フフフ

++++++++++++++++++++++++++++++++

ここの所映画にぞっこんLOVEなのでオススメ映画の感想をご紹介させて頂きたいと燃えております!![壁]^▽^)キャッキャッキャッ

え??自分の紹介文じゃないの?
って突っ込みはスルー(▼-▼*) エヘ♪


今日は「のど自慢」の感想ですね。(≧m≦)ぷっ!


この映画が作られた年は1999年です!!

監督は井筒和幸で、脚本が井筒和幸、安倍照男です!!!/(。△。*)逆ニパッ

この映画のメインは何と言っても!!!室井滋 (赤城麗子(藤本鈴子))や大友康平 (荒木圭介)ですσ(゚・゚*)ンート・・・

この映画の俳優さんは、室井滋、大友康平、尾藤イサオ、北村和夫、竹中直人、伊藤歩、松田美由紀、佐々木すみ江、由利徹、小林稔侍って感じですね(⌒▽⌒)きゃははは

僕はあんましNHKの『のど自慢』を

見ないので、本作を見てもそんなに

感動できなかったし、笑えませんで

した。





だけど所々に日本人独特の人情味が

溢れてて「いい映画だなあ」と思いました。



個人的に室井滋よりも社長役の尾藤イサオの方が

いい演技してたような(?)気がします(笑)。



観た後、僕は自然に「上を向いて歩こう」を

口ずさんでいました。





++++++++++++++++++++++++++++++++

麻雀の役って一杯ありますよね~。ほっほっほ♪( ̄▽+ ̄*)
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回は七対子に焦点を当てたいと思います!!!!ヾ(@^(∞)^@)ノわはは


名前の通り、手が7個のトイツを集めると成り立ちます。
同じ牌が4枚あってもトイツ×2とはなりません。

しかし、三人麻雀では希に4枚使い七対子可のルールもあります。


字牌や1、9牌が多く、面子(メンツ)がない場合に狙う役であり、
序盤から捨てた牌が2~8の牌(中張牌(チュンチャンパイ))になるので、
若干相手に役が見破られやすいです。


この役に鳴きは存在しません。 イヤイヤ"o(><;)o o(;><)o"イヤイヤ o(>_<)o ☆


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

七対子(出現割合:2.52%)
役満である国士無双を除くと唯一の特殊形がこの七対子。
もちろんDORAでは符計算はそのまま採用なので、点数自体 「二飜=1,600/2,400、三飜=3,200/4,800、四飜=6,400/9,600」(子/親)と計算される。
尚、七対子なので同じ槓子(同じ牌が4枚)は認められない。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じ"o(-_-;*) ウゥム…



DORA麻雀の評判

今から数時間後にはついに待ち焦がれた大学4年生の友だちとの麻雀です。
楽しみだなあ~~┗┫´,_ゝ`┣┛プッ

DORA麻雀を楽しむ方法


DORA麻雀 登録




おすすめ記事




posted by DORA麻雀 at 18:34| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。