2014年04月08日

映画「顔(1999)」のレビュー & DORA麻雀の役「三暗刻」

う~~ん。。まずいな。。体型がやばいo(T^T)o
減量しないと不味そうだ。

こないだスルッティーを高校1年の時の友達に勧められたんで
これから飲んでみようかな(o_ _)ノ彡☆ギャハハ!! バンバン!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

映画って本当に面白いですよね~
そう思うたびに映画の魅力を紹介したい!と思います!!!!v(´  ・   ω   ・  `)vピースピース♪
と言ってもyahooに載ってる感想ですがヾ| ̄ー ̄|ノ ワーイ♪ヾ| ̄ー ̄|ノ ワーイ♪


今回は「顔(1999)」の感想について紹介しようかと思っていますO(≧∇≦)O イエイ!!


この映画の製作年は1999年です!!!

監督は阪本順治で、脚本が阪本順治です!!ψ(*`ー´)ψ ゥヶヶ

この映画のメインは何と言っても!!!藤山直美 (吉村正子)です!!!!「(ーヘー;)え~と...

この映画の出ている人を列挙すると藤山直美 (吉村正子)、大楠道代 (中上律子)、牧瀬里穂 (吉村由香里)、國村隼 (狩山健太)、豊川悦司 (中上洋行)、佐藤浩市 (池田彰)、岸部一徳 (花田英一)、中村勘九郎(五代目) (山本俊郎)、渡辺美佐子 (吉村常子)、早乙女愛 (狩山咲子)ってな感じ。((アイソワライ…))○o。(; ゚∇゚)ノ_彡☆バンバン

殺人を犯した人間が逃走する様を、実に

リアルに描いている。

人間、何がなくても何とか生きていけるもんだなぁ、

と別なところで感心してしまった。



行く先々で色んな人と出会い、別れ、

ひどい目に遭い、ちょっとした幸せも感じた。





そして何より、劣等感の塊だった一人の女性が

、逃亡生活の中でちょっとずつ自我を

発掘し、今までの人生で抱えていた劣等感を

克服して、活き活きとしていく様が

実に興味深い。





社会から隔絶していた人間が、反社会的な行動に

出た時、初めて社会と本当の意味で

接することができた。



何たる皮肉、何たる人生の数奇さよ。



人間、どこまで堕ちたとしても、とりあえずは

生きているべきだということ、それを

本作から学ぶことができた。





実に有意義な2時間だった。







★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

麻雀の役って一杯ありますよね~(= ̄▽ ̄=)V やったね
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。。
という事で、今回は三暗刻に焦点を当てたいと思います!(o_ _)ノ彡☆ギャノヽノヽノヽノヽ!! ノヾンノヾン!


三暗刻(さんあんこ)というのは一番一般的な役ですね。
ここでは、先輩役の富士野と生徒役の内海のお二人に出てきてもらいましょう。


・暗刻(アンコ)を3つ作れば完成
・ポン・チー・明槓(ミンカン)をしてもハン数に変化なし
・暗槓(アンカン)は暗刻(アンコ)と同じ扱いになる


富士野『文字通り「暗刻」を3つ作るため「三暗刻(さんあんこ)」ですよ。


(暗刻(アンコ) × 3 )+(明刻(ミンコ) × 1) + 雀頭(アタマ)
(順子(シュンツ) × 1)+(暗刻 × 3 ) + 雀頭(アタマ) 


このような形をいいます。ただ1つ注意してもらいたい部分があるのです。
例えばこのようなテンパイをしていたとします。』


8s 8s 8s 4s 4s 4s 2萬 3萬 4萬 1ピン 1ピン 南 南


内海『シャンポン待ちですよ。』


富士野『そうですが…。

ここで、誰かがこの当たり牌を捨てた時、
ロンあがりの場合は「三暗刻(さんあんこー)」は成立しないんだ。

だが、自摸あがりした際は「三暗刻(サンアンコ)」が成り立ちます。

この違いがわかりますか?』


内海『いや、分からないですね(・・;)。
ロンなら「暗刻」が3つで「三暗刻(サンアンコー)(サンアンコウ)」ではないのでしょうかΣ⊆・д・⊇!!!ガビ~ン!!』


富士野『それが別ののですよ。初心者がよくする勘違いです!

最後に持っていた(ロンした牌)の部分は明刻です。

暗刻(アンコ)は「自分の力だけで集めた3枚」です。

最後のは相手からのロンですから、自分の力で集めたことになっていません。』


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


DORA麻雀の合法性について

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


------------------------------------------------------

三暗刻(出現割合:0.76%)
暗刻を3つ用意する。対々和や役牌を狙おうと考え、他家が捨てるのを待っている間にできあがるというのが面白い役。基本的に対々和と絡むので、自然と手が満貫以上になりやすい。四暗刻テンパイの場合、ロンあがりでできるケースもかなり多い。とは言え比較的に狙いに行く役でも無いので手牌と相談しながら打ちまわそう。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じ(━_━)ゝウーム


今から14時間後にはついに待ち焦がれた大学2年生の友だちとの麻雀です。
楽しみだ_( ゚Д゚)ノ彡☆ギャノヽノヽノヽノヽ!! ノヾンノヾン!!

dora麻雀でのネッテラーに関して




おすすめ記事




posted by DORA麻雀 at 22:33| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。