2014年04月08日

映画「のぼうの城」の感想 & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 145 $の勝ち

おし!スポーツの秋やから、
スポーツを定期的にする習慣をつけよう(((o(^。^")o)))ワクワク

何が儂に適してるかな?ヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノ
やはり楽なものやっぱり
どうしてかと言うと疲れると続かないからね~((┌(。△。)┐))ワッハッハ

さっさと考えようアハハ!!(~▽~*)/≡クルッヽ( )ノギャハハ!!≡クルッ(*_ _)/バンバン!!

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

最近映画命な感じなので映画のレビューを紹介していきたいと燃えております!!!ワーイ♪☆彡(ノ゚▽゚)ノ☆彡ヘ(゚▽゚ヘ)☆彡(ノ゚▽゚)ノ☆彡ワーイ♪

は?あんたの感想じゃないの?
なんて感想はスルー(o ̄∇ ̄o)ヘヘッ♪


本日は「のぼうの城」の感想について紹介しようかと思っています!!!ワーイッ \( ̄ー\)(/ー ̄)/ワーイッ


この映画が作られた年は2011年です。

監督は犬童一心と樋口真嗣で、脚本が和田竜です!!!!(*`▽´*)ウヒョヒョ

この映画のメインは、野村萬斎 (成田長親)です!!!(・・*)。。oO(想像中)

取り敢えず、この映画の他の俳優さんを役柄込みで列挙すると、佐藤浩市 (正木丹波守利英)、成宮寛貴 (酒巻靭負)、山口智充 (柴崎和泉守)、榮倉奈々 (甲斐姫)、上地雄輔 (石田三成)、山田孝之 (大谷吉継)、平岳大 (長束正家)、市村正親 (豊臣秀吉)、平泉成 (成田泰季)ってな感じ。щ( ̄∀ ̄)ш ヶヶヶ

原作既読。



見せ場の攻城戦シーン、本来は「一騎当千」「寡兵で

大群を相手に一矢報いる」ところが

燃えどころなのだが、豊臣側の戦力が

大群に見えず勿体無い。



豊臣方、成田方とも演者は非常に良いのだが

ね。





また、「のぼう」は「でくのぼう」が

語源で、体が大きく田楽踊り以外何を

やっても巧くできないハズなのに、

「野村のぼう」は小兵な上、何でもそつなくこなす感じで

イメージが違う。





天才なのか愚鈍なのか判断が付かないが

、いつの間にか良い結果を生み出してしまうところが

「のぼう」の魅力なのに、イマイチそのミソな部分が

伝わってこないところが不満だった。





ただ、エンドロールの行田近辺の映像は

、エレカシの歌の雰囲気とも合って泣ける。



全体的には可もなく不可もなくって感じで









◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

麻雀の役って一杯ありますよね~ヽ(゚∇゚(゚∇゚(゚∇゚o(゚∇゚)o゚∇゚)゚∇゚)゚∇゚)ノ ニパニパニパッ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!
という事で、今回は三槓子を説明したいと思います!(^▽^)/



カンを3回行い、和了ると成立

槓子(カンツ)(暗槓(アンカン)、小明槓、大明槓(だいみんかん)問わず)で3つの面子(メンツ)を揃えた場合につく役です。


言葉で説明すると簡易ですが、
実戦での出現頻度としては役満よりも低く難易度はかなり高い役といえますね♪~( ̄。 ̄) ←トボケガオ


注意点としましては「暗槓子」=「暗刻(アンコ)」「明槓子」=「明刻」としてもカウントされちゃうため、
従来紹介しました三暗刻や対々和(トイトイホー)(対々和(といといほう)ホー)の一部として見ることも可能です。


三槓子(サンカンツ) + 対々和(トイトイホー)

三槓子 + 三暗刻


難易度から考えて上の状態に遭遇することは少ないと思いますが、役の性質上は複合可能ですo(*^▽^*)oエヘヘ!



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


麻雀を趣味として!

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


------------------------------------------------------

三槓子(出現割合:0.005%)
実は役満と同じぐらい出現率が低いのが三槓子。
カンを三回やるだけ、というと簡単そうに聞こえるが、そもそも明槓をしたとしてもそう簡単ではない。それもDORA麻雀でも四回カンをしたら流れる「四槓散了」を採用しているので難易度はさらに上がります。加えて、ドラの扱いが非常に怖い。勝負手でカンを繰り返し結果的に三槓子なら良いが、「とりあえずカン!」を繰り返し三槓子が付く状態でテンパイしただけならむしろリスクの方が高いかも。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じ(━_━)ゝウーム


今晩はこの辺で
今日は何故か足が痛い。。治ってほしいなあ。。
おやすみ~( ̄○ ̄)お( ̄◇ ̄)や( ̄ο ̄)す( ̄ー ̄)ノ~~~み~♪・:*:・゚★,。・:*:・゚☆

DORA麻雀 場代




おすすめ記事




posted by DORA麻雀 at 07:36| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年04月07日

映画「奇跡の海」に関して & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 103 $の勝ち

陽気ももうすっかり秋だね~スタタタタタッ(((((((((((*゚.゚)ノノ
床に入るときも少し肌寒く毛布が無かったら寒い気がします
秋風邪にかからないために用心しないと!ピューッ!≡≡≡ヘ(*゚∇゚)ノ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

映画って本当に面白いですよね~
・・・という訳で映画の魅力を伝えたい!と燃えております!!!!('-'*)エヘ
ってyahooレビューに載ってる感想ですが(`L_` )ククク


本日は「奇跡の海」の感想ですね!!(゚∇^d) グッ!!


この映画の製作年は1996年です!!

監督はラース・フォン・トリアーで、脚本がラース・フォン・トリアーです。拍手喝采!(゚∇゚ノノ"☆(゚∇゚ノノ"☆(゚∇゚ノノ"☆パチパチパチ!!!

この映画の主役はベス・マクニール演じるエミリー・ワトソンです!!!!('-';A エーット,,アノォ..ソノォ...

この映画の他の俳優さんを列挙すると、ステラン・スカルスガルド、カトリン・カートリッジ、ジャン=マルク・バール、ウド・キア、エイドリアン・ローリンズって感じですね。κ(`・´)κケケケケ♪

ダンサーインザダークのヒロインには

嫌悪感しか感じなかったけど、この作品のヒロインに

は余計なプライドが無い分、純粋さが

素直に伝わった。



狂気的ではあるけれども。



どうもこの監督は、人間結局最後は

自己満足だ、という諦観した考えを

持っているように思える。





で、その自己満足観をヒロインの内面の中心に

据える。



当然社会的には精神病棟に収容されるような扱いを

受ける。

社会的なものは、極論すればどうで

もいいのだけど、一つ悲しいのは、

本当に自分を心配してくれる人の気持ちに

気づけないところ。



見ている世界が違うという厳しい現実が

ヒロインをますます自分の世界に孤立させる悪循環。





歯がゆい。



手ぶれするようなカメラは、現実感を

出して感情を伝えやすくするためかな、

と思いますが、その割りにセリフだけは

妙に芝居がかっていて、その辺りの違和感が

妙に気持ち悪かった。



それも狙いなのか、と疑ってしまう。





やはりこの監督の頭はどこかおかしい。





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

麻雀の役って一杯ありますよね~。(‐^▽^‐) オーホッホ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!
という事で、今回は清一色を説明したいと思います!!!!イエーイ(∇≦d)(b≧∇) イエーイ


チンイツというのは良くねらってみたくなる役の一つです。
ここでは、大先生役の小嶋と生徒役の星川のおふたりに出てきてもらいましょう。


・1種類の数牌で成立
・ポン・チーをすると6翻→5翻に下がる
・捨牌が片寄るため相手に読稀やすい
・多面待ちになるんですから初心者泣かせの役
・面前(めんぜん)の清一色は「タテチン」「メンチン」などと呼ばれる(>▽<;; アセアセ


小嶋『役の意味はわかりやすいのですが、
実際に目にすると非常に複雑になります場合も多いです。

面前で6ハン、ポン・チーしても5翻と高得点ですが…(´ー`)┌フッ
以下の待ち牌は何かわかりますか?』


2223456777999


星川『ちょっとややこしいな。ゆっくりと考えさせてくれたら、わかるんだけどな…』


小嶋『この際の当たり牌は8種類


12345678


儂ならあたり牌を算出するのに1秒もかかりません。

オンラインカジノができるドラ麻雀などのネット麻雀では絶対に時間制限がある。

リアル麻雀でも目の前に人がいるため焦るのは間違いないです。
変な牌を切ったり、狭く受けてしまったりと失敗も多いですね。


特に自分の全ての当たり牌を把握しておかないと「フリテン」がらみの失敗もあるので注意してください。

あがれると思ったのに、実は自分ですでにあたり牌を捨ててしまっていた時とかですね。

ネット麻雀ではロンできますボタンが押せないから大丈夫ですが、
リアル麻雀ですとあがれもしません牌で「ロン」と言ってしまって
せっかくの高得点チャンスに逆に反則金を支払うことになったとかメンチンがらみの失敗談も多いです。


とはいえ、上級者になってもこのメンチンは苦手だって人は多いため練習あるだけだと思います。

ソーズ一種類のみでやる「バンブー麻雀」というフラッシュソフトがネットで簡易にプレー可能ですため練習したい人はやってみてください。

それから人間の際は「ブレーキが効かない」のもチンイツの弱点かもしれません。』


星川『ブレーキが効かないってのはなんだ?』


小嶋『非常に難易度の高い高得点の役だから魅力的です。
テンパイの1つ手前、テンパイになってしまったら「どうしても和了たい!」
みたいな衝動にかられて、突っ走ってしまいがちです。

結果、危険な牌だとわかっても捨ててしまいロンされてしまうということになります。

確かに高得点ですのでリスクを冒す価値のある役ではありますが、
時に思いとどまって清一色(チンイツ)の手を崩してでも相手の危険牌を止める勇気も必要だ
と覚えておいてください。』


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

清一色(出現割合:0.94%)
「ロン!」と言われて全て同じ色なら頭の中が真っ白になるぐらい麻雀の中で圧倒的な破壊力を持つ役。喰い下がり五飜もドラや一気通貫ですぐにハネ満まで見える。
もちろん、局を終わらせるぐらいの火力を持つのだからその勝負手は危険牌をどんどん切る覚悟も必要になる。テンパイならもちろん勝負だが、イーシャンテン、リャンシャンテンなら少し迷うところだ。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じの説明です。うーん・・(〃 ̄ω ̄〃ゞ


この辺りで!
しっかし今日は何故か肩が痛い。。治ってほしいなあ。。
お休み!(゚o゚)オ(゚0゚)ヤ(゚・゚)ス(゚-゚)ミ ネロ!(o゚ロ゚)θ☆(o_ロ_)ozzZ

DORA麻雀の面白さ




おすすめ記事




posted by DORA麻雀 at 18:51| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

映画「ミスター・ベースボール」のレビュー & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 25 $の負け

今日は11時から晴れだって(¨ )(.. )(¨ )(.. )ウンウン!!

晴れなら遊びに出てみようかなo(・ω・o)=з=зブンブーンε=ε=(o ・ω・)o

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

映画って本当に面白いですよね~
だから映画の魅力を紹介したい!と思います。グッ!! ( ̄ε ̄〃)b
と言ってもyahooに載ってる感想ですが♪☆キャハハ o(≧▽≦o)o(≧▽≦)o(o≧▽≦)o キャハハ☆♪


本日は「ミスター・ベースボール」の感想を紹介しようかと思っています!( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)ニヤリ


この映画が作られた年は1992年です。

監督はフレッド・スケピシで、脚本がゲイリー・ロスとケヴィン・ウェイド〔脚本〕です!(*'-'*)エヘヘ

この映画でメインで出てくる人はトム・セレック (ジャック・エリオット)や高倉健 (中日ドラゴンズ監督 内山監督)です!σ(゚・゚*)ンート・・・

取り敢えず、この映画の俳優さんは、トム・セレック、高倉健、高梨亜矢、デニス・ヘイスバート、塩屋俊、豊原功補、藤原稔三、穂積隆信、浜村純、大木正司ってな感じ。("▽")化ッ (旭化成風)

この映画、エンドロールを見ると、スタッフの大半が

日本人だったりするんで、かなり日本人の手が

入ってると思うんですよね。

それゆえ、少なくともヘンなキモノを

着た、ヘンな髪型のニホンジンは出てきませんし、

ベタな東洋風味も出てきませんけれど(ゴールドスミスの尺八サウンドは

ともかく)、だからと言って正確に

描いている、ってワケでもなくて。

日本のプロ野球がやたらジミなものに

見えてしまうのは、そういう差別意識を

持っているから、と言うよりも、予算の関係って感じもしますけれど、

でも、メジャーから日本に来る外国人選手って、

意外とこの映画のトム・セレックみたいな気持ちなんじゃないかな、

って思えたり。





日本のプロ野球サイコー!だったら、

イチローもゴジラもリトル松井も、

あっちには行かないでしょうしね・・・。



そうそう、日本語の台詞が聞き取りづらかったのは

カンベン。

『1941』のミフネもそうだったんで

すが、健さんもセリフ発声のチェックが

入らないと、こんな感じになっちゃうのね、

って。





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

麻雀の役って一杯ありますよね~。ヾ(≧∇≦ )ブハハハ!ヾ(≧∇≦)ノブハハハ!( ≧∇≦)ノブハハハ!
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!
という事で、今回は四槓子を説明したいと思いますΨ(ー´)ΨΨ(`▽´)ΨΨ(`ー)ψケケケケ


刻子(コウツ)というのは同じ牌が3枚揃っている状態のことです( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

さらに1枚加えて4枚にすると槓子(カンツ)となる。
槓子はそのまま持っていると4枚ですので1枚多く、
カンを宣言することで初めて1つの面子となるんです。


この槓子(4枚組)を4つ作ると、四槓子(スー槓子(カンコ))という役満になる。

カンをした時に自摸るのでの牌はカン山というところにあるのですが、
それは合計4枚しかありません。

つまり、四槓子というのは自分以外の誰かがカンをしてしまうと新たなカン牌が
足りなくなりますから、成立しない(>▽<;; アセアセ


このような意味においても希少度は非常に高く、まさに役満の中の役満です♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪ランラン


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


------------------------------------------------------

四槓子(出現割合:0.000234%)
都市伝説クラスの役満。
カンを四回すれば良いだけと説明は非常に簡単だが、実際に目にする機会は殆ど無い。
確率的にはワンランク下の三槓子で出現率の高い役満と同じぐらいの確率。
そこからさらにもう一度カンをするといった確率は、想像以上だろう。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じの説明です。?c(゚.゚*)エート。。。


今から12時間後にはついに待ちに待った予備校の友だちとの麻雀だ。
楽しみだなあ~~(●´▽`●)_旦"☆"旦_(○´ー`○)カンパイ

DORA麻雀




おすすめ記事




posted by DORA麻雀 at 06:04| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。